FC2ブログ

俺之脳髄(オレズイ)

俺の脳内はいつもこんなモノで満たされてます的ブログ。げんしけん、プリキュア、プロレスなど雑食気味デス。

プロフィール

先刻

Author:先刻
過去にとらわれ万事後ろ向き
新しいネタに弱い情弱野郎ですが
周回遅れでぬるーくオタクしてます
お気に入りは「げんしけん」。 二次創作にまで手を染めてしまい、その因果で順調に人生が狂っています。
そのほか、昭和特撮、007、プロレス、アニメ、ダメ映画、スバル車あたりが先刻を構成する主成分です。

つぶやき!

こんげつ!

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

シンプルアーカイブ

.


灼熱スイッチ fragments(高森奈津美、大橋歩夕、立野香菜子、牧野由依、藤田咲) /「ここから、かなたから」 TVアニメ「放課後のプレアデス」エンディングテーマ TVアニメ『小林さんちのメイドラゴン』OP主題歌「青空のラプソディ」(アニメ盤) 「三者三葉」キャラクターソング Vol.1 西川葉子 & 薗部 篠 TVアニメ『ろんぐらいだぁす!』ED主題歌「ハッピーアイスクリーム!」 TVアニメ「あまんちゅ!」エンディングテーマ「ふたり少女」 Gospel Of The Throttle 狂奔REMIX ver. TVアニメ『響け!ユーフォニアム2』ED主題歌「ヴィヴァーチェ!」 「ステラのまほう」オリジナルサウンドトラック TVアニメ『小林さんちのメイドラゴン』ED主題歌「タイトル未定」 TVアニメ「 ガヴリールドロップアウト 」オープニングテーマ「 ガヴリールドロップキック 」 宝箱―TREASURE BOX―/プラチナジェット(TVアニメ『SHIROBAKO』新オープニング/エンディングテーマ)(通常盤)
亜人ちゃんは語りたい(4) (ヤングマガジンコミックス) リトルウィッチアカデミア (ヤングジャンプコミックス) Spotted Flower 2 幸腹グラフィティ 第1巻 [Blu-ray] ヤマノススメの山のススメ (NEKO MOOK) 桜Trick (5) (まんがタイムKRコミックス) SHIROBAKO ~上山高校アニメーション同好会~ (1) (電撃コミックスNEXT)

検索フォーム

スマホ版QRコード

QR
1303061

スポーツ報知の特別号で「獣電戦隊キョウリュウジャー&スーパー戦隊特別号」が先月発売されている。
近所のコンビニに行ったら、まだ置いてあったので買ってみた。



過去にも色々アニメ、特撮の特集号を出している報知。
自分も「仮面ライダー40周年」「ウルトラセブン45周年」「まどか☆マギカ」の特集号を買ったけれど、今回も面白かった。

一時期、このスポーツ報知特集号を買い逃さないようにと報知のTwitterをフォローしたけど、好きでもない巨人の情報ばっか流れてきて3日で切ったw



実はキョウリュウジャーは録りためたままで、まだ見てない。
なまじ昔の戦隊を何年も見ていたから「また恐竜かい」とか「名前ひねってほしかった」とか変な突っ込み心が意欲を削いでいく。
もうオッサンだからヤル気になるのが鈍いのよw
それ以前に、だいたい普通のオッサンはこういうの見ないが…。

でも本誌に載っているキャストやスタッフの意気込みを読むと、俄然応援したくなる。



折り込み大判の全戦隊ポスターは圧巻。

1303062



その裏面にはオサーン向けに大きく元祖のゴレンジャーがクローズアップされ、アカレンジャー(誠直也)とアオレンジャー(宮内洋)の対談とともに、スポーツ新聞らしく紙面をデータがびっしり。

1303064



また歴代の女戦士、女幹部として、オーピンク(さとう珠緒)、ハリケンブルー(長澤奈央)、フラビージョ(山本梓)、ケガレシア(及川奈央)、シンケンピンク(高梨臨)のインタビューが1ページずつ、その下段には歴代ヒロインも紹介されていた。

1303065

写真は及川さん、さすがに経歴にAV時代は無かった…ちょっとお世話になってただけに残念といえば残念(ニガワラ)。



1303063

今回、手にしたコレを買う気になったのは、本誌後半4ページくらい使ってシンケンレッド(松坂桃李)とシンケンブルー(相葉裕樹)の対談が載っていたから。
近年の戦隊ではシンケンジャーとゴーカイジャーが特に気に入ってたので、ヒロインコーナーでのシンケンピンクも含めて、シンケンジャーが大きく取り上げられていてうれしい。

対談も面白かった……マスクのデザイン:(火)(水)(土)(木)(天)に引いたという話はワラッタ。


毎度思うことだけど、スポーツ新聞らしい大胆な写真の載せ方やトリビア含めた細かい記事をビッシリ詰め込んだデザインで、読み応えがあったデス。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する