FC2ブログ

俺之脳髄(オレズイ)

俺の脳内はいつもこんなモノで満たされてます的ブログ。げんしけん、プリキュア、プロレスなど雑食気味デス。

プロフィール

先刻

Author:先刻
過去にとらわれ万事後ろ向き
新しいネタに弱い情弱野郎ですが
周回遅れでぬるーくオタクしてます
お気に入りは「げんしけん」。 二次創作にまで手を染めてしまい、その因果で順調に人生が狂っています。
そのほか、昭和特撮、007、プロレス、アニメ、ダメ映画、スバル車あたりが先刻を構成する主成分です。

つぶやき!

こんげつ!

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

シンプルアーカイブ

.


灼熱スイッチ fragments(高森奈津美、大橋歩夕、立野香菜子、牧野由依、藤田咲) /「ここから、かなたから」 TVアニメ「放課後のプレアデス」エンディングテーマ TVアニメ『小林さんちのメイドラゴン』OP主題歌「青空のラプソディ」(アニメ盤) 「三者三葉」キャラクターソング Vol.1 西川葉子 & 薗部 篠 TVアニメ『ろんぐらいだぁす!』ED主題歌「ハッピーアイスクリーム!」 TVアニメ「あまんちゅ!」エンディングテーマ「ふたり少女」 Gospel Of The Throttle 狂奔REMIX ver. TVアニメ『響け!ユーフォニアム2』ED主題歌「ヴィヴァーチェ!」 「ステラのまほう」オリジナルサウンドトラック TVアニメ『小林さんちのメイドラゴン』ED主題歌「タイトル未定」 TVアニメ「 ガヴリールドロップアウト 」オープニングテーマ「 ガヴリールドロップキック 」 宝箱―TREASURE BOX―/プラチナジェット(TVアニメ『SHIROBAKO』新オープニング/エンディングテーマ)(通常盤)
亜人ちゃんは語りたい(4) (ヤングマガジンコミックス) リトルウィッチアカデミア (ヤングジャンプコミックス) Spotted Flower 2 幸腹グラフィティ 第1巻 [Blu-ray] ヤマノススメの山のススメ (NEKO MOOK) 桜Trick (5) (まんがタイムKRコミックス) SHIROBAKO ~上山高校アニメーション同好会~ (1) (電撃コミックスNEXT)

検索フォーム

スマホ版QRコード

QR

18101501003.jpg 


このシリーズ大好きなんだけど、さすがシリーズ4度目の映画となると、初期のプレデターが持っていた「見えない襲撃者」の脅威は失われてしまった。

あと結構つくりが雑w

それでもツボを抑えたプレデターのアクションや、愛すべき人間側「ルーニーズ」の連中のキャラクターも面白かった。



面白かったよザ・プレデター。

何も考えないでさらっと見るにはイイw


「1(初代)」、「2」、「プレデターズ」では、プレデターと対峙するのはプロフェッショナル集団。特殊部隊だったり、犯罪都市の警官だったり、未知の惑星に寄せ集められた殺しの猛者どもだったり…。

今回はクセが凄くて心に傷を負ってカウンセリング受けてる退役軍人ども「ルーニーズ」で、最初はなんか落ち着きなくて頼りない。


18101501006.jpg 

みんなどこかネジが外れてておかしくて、行きがかり上連れ出してしまった生物学者が目覚める前にベッド周囲を飾りまくり、彼女の行動を賭けの対象にしたり、プレデターを目の当りにしても思わず「チ○コ」なんて単語が口から出てしまったり…。

それでも武器を手にして行動するうちに精悍な動きを取り戻していく所は格好良かった。


18101501004.jpg 



いつの間にか仲間同士の絆が熱く感じられてるのがね。

特にコイルとバクスターの縁と最後がねえ。

ああ死ぬわコイツらと思ってたら予想を超える死に様を見せてくれたw

あと主人公マッケナとネブラスカのやり取りもイイ。

ネトルズは変だwww彼の最期はもったいないよ。都合上退場みたいに感じる…。足切断&落下だから死んでないかもよーーー(いや無理か)。


最後に彼らの「遺品」が出てきて偲ぶ空気になったが、出会ってから一晩ちょいの時間なのに、妙に濃密な仲間と化していて、どんだけルーニーズが親しみやすい奴らだったのかを感じて、マッケナと一緒にしんみりしてしまった。




今回も普通のプレデターとゴツくて強いプレデターの2種類が登場。

どうも普通の奴は地球人に対プレデター武器(プレデターキラー)を渡したかったようだが、人間の味方するんだったら、序盤にマッケナの仲間を吊るしたり、スターゲイザー計画の研究者らを殺したりしないで大人しくコンタクトを取って欲しいんだけど…。血が騒ぐのかなw


18101501007.jpg 


なお、毎度登場するプレデターの「戦利品」頭蓋骨&脊髄引き抜きにも意味があったらしい。

髄液から優秀な種属のDNAを採取してそれを自分たちに加えていくのだと(異種交配)。前作の標準プレデターとゴツいプレデターの対立も、体格性質の違いも、今回の件で説明がつくかな。


18101501002.jpg 


それなら「2」のプレ円盤内で飾られてたエイリアン(ビッグチャップ)の頭蓋骨は……エイリアンのDNAも採取されたんだろうか?

エイリアンVSプレデターではプレデリアンなんて混ざった奴もいるけど、個人的にアレは無かったような気持ち(1はまだいい。2は無理……でもVSでプレが使ってた武具が飾られててオオ!?とw)。




あと「87年と97年」にやってきて、最近よく来ているらしいという話題が出ると「おおおおお!」と思う。

2作目のダッチの顔写真、3作目の「87年のニカラグアで特殊部隊が…」など、1作目とのつながりを感じさせるセリフはいつもテンション上がるわ。


18101501001.jpg 


残念な点もあって、脚本のせいなのか、編集のせいなのか、妙に展開が粗い感じがした。

父マッケナがわが子のもとへ駆けつけ、グラウンドでのプレデター犬との戦いの辺りとか。つながりが雑というか乱暴というか。

あとスターゲイザー責任者の黒人さん(名前忘れた)の最期の唐突さとあっけなさや、都合良く最終決戦の場にやってくるプレデター犬とか、そしてラストのアレ(プレデターキラー)……妙に子供が考えたようなオモシロ展開がちょっと引っかかるけど、むしろソレも魅力なんだろうね。


18101501005.jpg 


監督が「1」で下ネタと軽口叩いてすぐ死んだホーキンスを演じたシェーン・ブラックと知ると、嗚呼、ルーニーズはこのホーキンスの量産型なのかもと思うと笑えてくる。

18101501010.jpg 

アレは監督の「地」なのかもw

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する