FC2ブログ

俺之脳髄(オレズイ)

俺の脳内はいつもこんなモノで満たされてます的ブログ。げんしけん、プリキュア、プロレスなど雑食気味デス。

プロフィール

先刻

Author:先刻
過去にとらわれ万事後ろ向き
新しいネタに弱い情弱野郎ですが
周回遅れでぬるーくオタクしてます
お気に入りは「げんしけん」。 二次創作にまで手を染めてしまい、その因果で順調に人生が狂っています。
そのほか、昭和特撮、007、プロレス、アニメ、ダメ映画、スバル車あたりが先刻を構成する主成分です。

つぶやき!

こんげつ!

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

シンプルアーカイブ

.


灼熱スイッチ fragments(高森奈津美、大橋歩夕、立野香菜子、牧野由依、藤田咲) /「ここから、かなたから」 TVアニメ「放課後のプレアデス」エンディングテーマ TVアニメ『小林さんちのメイドラゴン』OP主題歌「青空のラプソディ」(アニメ盤) 「三者三葉」キャラクターソング Vol.1 西川葉子 & 薗部 篠 TVアニメ『ろんぐらいだぁす!』ED主題歌「ハッピーアイスクリーム!」 TVアニメ「あまんちゅ!」エンディングテーマ「ふたり少女」 Gospel Of The Throttle 狂奔REMIX ver. TVアニメ『響け!ユーフォニアム2』ED主題歌「ヴィヴァーチェ!」 「ステラのまほう」オリジナルサウンドトラック TVアニメ『小林さんちのメイドラゴン』ED主題歌「タイトル未定」 TVアニメ「 ガヴリールドロップアウト 」オープニングテーマ「 ガヴリールドロップキック 」 宝箱―TREASURE BOX―/プラチナジェット(TVアニメ『SHIROBAKO』新オープニング/エンディングテーマ)(通常盤)
亜人ちゃんは語りたい(4) (ヤングマガジンコミックス) リトルウィッチアカデミア (ヤングジャンプコミックス) Spotted Flower 2 幸腹グラフィティ 第1巻 [Blu-ray] ヤマノススメの山のススメ (NEKO MOOK) 桜Trick (5) (まんがタイムKRコミックス) SHIROBAKO ~上山高校アニメーション同好会~ (1) (電撃コミックスNEXT)

検索フォーム

スマホ版QRコード

QR
  • げんしけん(無印)13話感想/3巻掲載分より

18043002017.jpg 

13話「springスメル」


コミックスでの3巻に突入。

そして版権認可のプラモ回w

様々なオタクの姿を紹介する上で、バラエティの豊かさを感じさせた回と思う。

いろんなオタクがいるんだなぁ~色んな性癖あるんだなぁ~(はたらくくるま的に)。


そして今回のオチを読み返すと、オタクと一般ピープルは結局わかり合えないという哀しい結末にも見えたりするw



春日部さんが部室に入ると、ガンプラ作りたけなわ。

その匂いに一瞬、マニキュアと間違える辺りはおしゃれさんの感覚だろうか(?)

わしなら懐かしの「アンパン」キメてるのかと思いそうw(やったことないけど)


18043002011.jpg 


田中にとってコスプレと並ぶ趣味・ガレキやプラモのターンがやってきた。

今期はビルドファイターズが始まったしタイムリーだね(違う違う)。


げんしけんの1期アニメ版では「ガンガル」と濁していたけど、この回はプラモデルでモビルスーツが細かく描かれるなど商標ブツの直接描写も多いためか、欄外に認可が載ってる。


げんしけんのガンダムネタとしては「ジオン軍かぶれ」(←原口の斑目評)とか「ガンダムしりとり」「セイラさんのお守り」(←海水浴回)、「ジークジオン!」(←斑目のコメントに対してスーが)などがあるね。

さらに1巻のおまけ的キャラ紹介ではガンダム占いの結果が載っている。




18043002010.jpg 


田中による春のガンプラ教室「初心者ステップアップ講座」開講。受講者は大野さん(グフ)と笹原(ジム)。


「夏と冬は気温もそうだけど湿気のコントロールが難しくてね!」

「じゃあ なぜ秋がダメかというと 作ってるうちにいつの間にか寒くなっちゃって塗装するのがつらくなるから!」


春日部さんが聞いてもないのにベラベラ語る田中氏。

自分の好きな事に関しては引かないよねこの人。春日部さんにコスプレを勧めていた時(大野さん初登場回)も、殴られても説明をやめなかった。



しかもプラモデルに対する春日部さんの認識「おもちゃ(完成品)より下なの?」の一言に強く抵抗!


18043002012.jpg 


春日部さんはそういうつもりは無いものの、人の趣味を下げ気味に見てしまったり、大事なものの扱いが雑になるのはアカンわ。

一方の田中も、自分の好きなものを伝えたい&守りたいが故に、饒舌になりすぎて相手にかまわずしゃべくったり攻撃的になってしまう姿がイタい。


この、わかり合えない感じが哀しいーw


プラモやガシャポンフィギュア(?)を雑に扱う春日部さんが、田中の強い反抗にあって部室を退席。この緊張感。


18043002013.jpg 


春日部さんが不機嫌になって退室しても、「カルチャーギャップを感じるね」とサラッと言ってのける田中。やっぱ自分の「好き」においては決して引かぬ媚びぬ省みぬ!


それでも斑目の「後が怖いぞ」の一言に助けを求めるw




外で一服の春日部さんと斑目。

この2人でくだけた会話をするとこ好きだ。


18043002014.jpg 


ちなみに斑目さんはガンプラ造りの輪に加わっていない。

ヘタなのね。


シンナー臭さから苦情が出て、自治委員会の北川さんがやってくる。

「ちょっと現視研!」がちょっとかわいいw


18043002015.jpg 


ここの咲斑の息の合ったセリフ好き。


斑目「まあ……春ですからね。いろんな奴が出て来ますよ」

咲 「あ いいすっからどんどん取り締まって下さい ウチのバカども」


仲がいい咲斑良いです (´∀`)

小気味良くて気に入ってる。




後日、サークル棟の屋上で、つや消しスプレーの吹きつけ。ここのカット、うららかな春の風景として良い感じ。

それをタバコ吸いつつ見守る春日部さん。


18043002016.jpg 


春日部さんの予想通りに北川さんが怒鳴り込んくるとこワロタ。

北川さん仕事熱心過ぎるw




大野さんが作ったのはグフ。

その出来映えに、一応の感心をして春日部さんが手に取り…足を曲げようとしたところ…。


18043002017.jpg 


この無神経というか不用心な動かし方は素人だから仕方が無いと思うが…w

「フン!」はアカンてwww力入れすぎw


18043002018.jpg 


グフの股関節が折れてしまう。


激昂する田中。

涙ぐむ大野さん。

焦る春日部さん。




田中に勧められてコツコツ1週間かけて作ってきた大野さんのグフ。

急きょ足を付け直しても倒れてしまう。

大野さんの「あ!」が切なくて、春日部さんの良心をえぐるw


ブチ切れそうな田中を見かねて斑目さんが立つw


18043002019.jpg 


「弁償したところでその『大野さんの作ったグフ』は戻らない」


「そのグフは ただ買ってきただけの物ではなく 大野さんが一週間かけて組み上げた物だ」


「その一つ一つ積み上げた作業があるからこその大野さんのその涙なわけだよ それは同じキットを買ったところで癒されるものではない」


「わかるかな? その大野さんの涙こそが プラモと金で買うだけのオモチャとの違いなんだよ」



プラモデルに掛けた思い入れと手間暇……プライスレスの部分を語り掛ける斑目さん。会長らしい仕事をしたぞ!


げんしけんはオタク文化を面白く伝えつつ、春日部さんが代弁するよな世間の認識から突っ込まれながらも、自分たちの楽しみを貫いていくので好きッス。

秋葉原、同人誌、コスプレ、プラモ、エロゲ…様々な要素一つ一つに触れつつ、そこに熱量注ぎ込むオタクの姿を伝える。

無印初期はそれを美化するのではなく、イタいけど取っつきやすくディフォルメしていて好感が持てる。


その点で、この回はプラモデルの持つ価値を説く斑目のセリフが凄く良い。

ちなみに数回後の笹原のパソコン購入回なども、エロゲに詳しくない自分は、エロゲへの認識を新たにした記憶がある。

「げんしけん」は、そんなオタクの教科書的な面白さがあるね。



春日部さんがあらためて謝りつつ、おわびに何かしようかと呼び掛けると……笑顔で「コスプレして下さい」である。

もはや「罠」さえ疑いたくなる「春日部さんにコスプレさせる事」へのブレの無さw


その対価であるグフのプラモの値段「800円」「安っ…!」と泣く春日部さん。



思い入れが篭もっている事は斑目に力説されて分かっていても、元々の価格が安い事に嘆く春日部さん。これは容易には理解できないよなぁ。


プラモは完成した作品という形があるから、まだ分かりやすい方だと思うけれど、オタクが好きなものに懸けた熱量や手間暇といったプライスレスの部分を理解できない人ってのが、他人の趣味を表面だけ見てキモいだの言って見下げてしまうのだろう…と思ったりする。


……まあ、実際にキモい趣味もあるだろうけど……そこに込めた内面を認めてあげてw



18043002020.jpg 


コスプレとは釣り合わないとのことで、「頭だけ」と、即興で手渡されたネコミミカチューシャ。

学祭回の悪夢が蘇るw


「あの時と同じ」と言われてもフリルが付いているw


しかも田中がカメラを構えているw



結局、「だまされるか!!」とコスプレカチューシャを投げ捨て拒絶する春日部さん。


この様子を見た斑目、笹原、久我山が揃って(……春日部さんのネコミミメイド……きっと最初はタカビーだけどやがて従順に…)なんて妄想を展開。これだけの僅かな材料でそこまで広げるなんて凄いわwww




後日、修繕されたグフの股関節w

金属の棒で補強されより強力に!


その様子を見て(やっぱりだまされてた…)と春日部さん…でオチ。


18043002021.jpg 


グフの股関節の補強修繕は、田中によるそれなりの研究の成果と苦労があったはずなんだけど(〝男としての下心〟もあるが)、やっぱり手間暇が掛かる見えない部分、プライスレスの部分は結局、春日部さんには通じていないようだ。

屋上でつや消しスプレーを吹く様子を微笑ましく見守っていても…なのだ。


この時の春日部さんの胸中が(なーんだ、すぐ直るじゃん。800円程度だし。だまされてカチューシャ付けなくて良かった)という思いからくる(やっぱりだまされてた…)であるならば、このオチは春日部さんと田中の平行線というか、結局わかり合うには至らなかった哀しいオチなのかも知れない。




18043002022.jpg 


それにしてもこの回。普段のコスプレ衣装作りと、プラモのワザも加わって、大野さんの中で田中の好感度はますます上がっていったんだろうなぁw


……そして次回は、あの話だ……。

スポンサーサイト

コメント

いつもありがとうございます!

>見所のある回でしたね!
昔は割と軽く読み流してたんですが、じっくり読むと「プライスレス」の認識の違いなど、面白さを再確認しました。
無印3巻は、次が「ハナ毛」の回だったり、海水浴回があったりして、一度見返すと他のエピソードまで読み進めてしまいます。濃いです。

>ヤンキー文化とオタク文化は似てる的な説が頭をよぎりました。
あ、なんか特攻服着て歌う筋肉少女帯の大槻ケンヂの姿が浮かびました。アレもヤンキー文化とオタク文化の親和性の現れかも知れないw

「ガンダムっぽいテーマ」には逆にナルホドと膝を打ちました。オタクと一般人との間は、今も埋まっているようでそうでもない溝があると思いますし。
あと「この頃の大野さんはカワイイな……」は激しく同意ですw
見所のある回でしたね!
>オタクが好きなものに懸けた熱量や手間暇といったプライスレスの部分
なるほどです。関係あるかわかりませんがヤンキー文化とオタク文化は似てる的な説が頭をよぎりました。特攻服とか……

>オチを読み返すと、オタクと一般ピープルは結局わかり合えないという哀しい結末にも見えたりするw
それこそガンダムっぽいテーマにも聞こえたりします

今回の考察は目からウロコでした。
自分が読んだ(読み返した)時は「田中が珍しく熱い」「斑目が調整役に回ってる」「この頃の大野さんはカワイイな……」くらいの感想しかなかったですよw

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する