FC2ブログ

俺之脳髄(オレズイ)

俺の脳内はいつもこんなモノで満たされてます的ブログ。げんしけん、プリキュア、プロレスなど雑食気味デス。

プロフィール

先刻

Author:先刻
過去にとらわれ万事後ろ向き
新しいネタに弱い情弱野郎ですが
周回遅れでぬるーくオタクしてます
お気に入りは「げんしけん」。 二次創作にまで手を染めてしまい、その因果で順調に人生が狂っています。
そのほか、昭和特撮、007、プロレス、アニメ、ダメ映画、スバル車あたりが先刻を構成する主成分です。

つぶやき!

こんげつ!

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

シンプルアーカイブ

.


灼熱スイッチ fragments(高森奈津美、大橋歩夕、立野香菜子、牧野由依、藤田咲) /「ここから、かなたから」 TVアニメ「放課後のプレアデス」エンディングテーマ TVアニメ『小林さんちのメイドラゴン』OP主題歌「青空のラプソディ」(アニメ盤) 「三者三葉」キャラクターソング Vol.1 西川葉子 & 薗部 篠 TVアニメ『ろんぐらいだぁす!』ED主題歌「ハッピーアイスクリーム!」 TVアニメ「あまんちゅ!」エンディングテーマ「ふたり少女」 Gospel Of The Throttle 狂奔REMIX ver. TVアニメ『響け!ユーフォニアム2』ED主題歌「ヴィヴァーチェ!」 「ステラのまほう」オリジナルサウンドトラック TVアニメ『小林さんちのメイドラゴン』ED主題歌「タイトル未定」 TVアニメ「 ガヴリールドロップアウト 」オープニングテーマ「 ガヴリールドロップキック 」 宝箱―TREASURE BOX―/プラチナジェット(TVアニメ『SHIROBAKO』新オープニング/エンディングテーマ)(通常盤)
亜人ちゃんは語りたい(4) (ヤングマガジンコミックス) リトルウィッチアカデミア (ヤングジャンプコミックス) Spotted Flower 2 幸腹グラフィティ 第1巻 [Blu-ray] ヤマノススメの山のススメ (NEKO MOOK) 桜Trick (5) (まんがタイムKRコミックス) SHIROBAKO ~上山高校アニメーション同好会~ (1) (電撃コミックスNEXT)

検索フォーム

スマホ版QRコード

QR
  • げんしけん(無印)12話感想/2巻掲載分より

1803280119.jpg 


12話「会長、お願いします!」


1話=1ヶ月の時間経過だった初期のげんしけん。

12話経過して、笹原たちは2年に。

会長の交代と、朽木学…クッチーがデビュー!…でに暫く消えるンだけどねw


(以下、バレあり)



この回のトビラ絵好きっす (´∀`)


1803280110.jpg 


春。新1年生の勧誘に向けて、大野さんが春日部さんをコスプレに誘う。お約束であるw


1803280111.jpg 


コスプレは現視研内の活動としては限定的(田中&大野)だと言われても…。


「でも私やれる機会は全部やりたいです!」

「あ…… そ…… 君 コスプレの事になると性格変わるね……」




さて年度が変わったことで、会長の去就が気になる春日部さん。

入会のきっかけになった盗撮疑惑があるからね…。


気がつけば後ろにいる会長。

春日部さんも敵わない感が良いw


1803280112.jpg 



さてその会長が引退を宣言。


「そろそろ卒業しようと思ってね。今年一杯かけて卒論書く予定なんだ データも十分集まったし」


後に現視研メンバーの心胆を寒からしめることになる在籍期間を指す「そろそろ」という言葉と、「データも十分集まったし」のデータとは何か…などなど、さりげないけど気になるセリフである(実際、春日部さんが「データ」を気にしてるw)。


1803280113.jpg 


会長は、次の会長として斑目を推薦。


次の年長者、4年生としては原口しかいないとか、実務は田中が担っていたとか。



春日部さんの「いーじゃんやれば?」に、「あ…… そ そう?」と、まんざらでもない気分になる斑目。この時期はまだ斑目の気持ちはハッキリ描かれていなかったが、春日部さんの一言が後押しになるとこが、ねぇ。


1803280114.jpg 



斑目は「二代目」会長。

実は数年後の続編「げんしけん二代目」の二代目は、東映の実録系映画「山口組三代目」みたいな感じで(w)「二代目会長=斑目」のことを指してたりして……「二代目」のヤマ場はだいたい斑目エピソードだし……。




さて現視研のサークル勧誘には、本人の希望が叶って大野さんが投入された!


昨年度はディフォルメされていない斑目、田中、久我山がテーブルに陣取っていて華が無かった。

今回は、このふくよかな感じだけでもう入会(イミフw


1803280115.jpg 


このメイド衣装は「まほろまてぃっく」のまほろさんであった。


各サークルをチェックする北川さんのやっかみは……ほぼ胸だけに敵意が集中しているwww


ちなみに1年前の新人勧誘はこれだ。↓


17012601004.jpg

17012601006.jpg 



さて、リアルでの勧誘の場は正直ウザイ。帰り道にどこかしらのサークルが張り込んで声を掛けられる。

コミュ障には辛い。

自分の場合は現在でいうオタク系サークルの雰囲気にも臆して、ほどほど興味あるサークルに入ってしばらくして辞めた。今思えば笹原ばりに覚悟を持って輪に入るべきだったなぁ(´・ω・`)



後日、新入会員(仮入会)が2人やってきた。

この数年後の荻上体制では、腐女子と腐男子が引き寄せられたが、ここでは大野さんのおかげで(?)男子が。



沢崎くんと朽木(学)。

アニメ版(第7話「対人関係における行動選択の特徴」)では、原作よりも痛いテンションを見せたり(朽木)、他のオタ系サークルを侮辱したりサブカルかぶれた勘違い野郎(沢崎)に描かれていて、少し可哀想でもある。


1803280124.jpg 


何より今回は朽木(学)が初登場!

自分から「クッチーと呼んでください」と自己紹介。そっか「クッチー」は自称か(読み返すまで、春日部さんがネーミングしたのかと思ってた)。


1803280117.jpg 


クッチーはけんしけんに欠かせない。

田中や久我山は静かなツッコミ役にもなってある程度の常識(?)があり、最初期でビジュアルと言動が痛々しかった斑目が次第に可愛くなって横恋慕をはじめて感情移入されるようになっていくにあたって、「オタクはキモイ」って部分を一身に背負ってくれるクッチーのキャラは貴重なんだな。


そんなクッチーも、「二代目」では一時的に「いい奴」に成長するのだ……初登場を見返してちょっと感慨深い。




目を合わせない2人にムッとしてる春日部さんのカットが初対面の印象の悪さをひしひし感じさせるw


1803280116.jpg 


大野さんのコスプレに惹かれてやってきたような受け答え(…コスプレはしないんですか?…)にもムッとくる春日部さん。

もともと現視研の新入りオタクに好感など無いだろうけど、目を合わせず挨拶もないことで輪を掛けて嫌悪感あっただろう……。この姐さん不良っぽさもありながら、おばあちゃん子だし、「バイトのプロ」なんで、礼儀にはうるさそうだ。

挨拶は大事だよ。



冒頭の『現視研が活発になったらますますコーサカやめないじゃん』という思惑もあってか、新入会員増加への妨害工作(新入りいびり)をはじめる。

…正直、高坂は活発でなくても現視研やめないないと思うなあ…。



1年前のササヤンの時のように、いきなりの暴力に訴えないよう抑える斑目。


一方、春日部さんは「5年前に死んだ初代会長の霊」の話で新人いびりを始める。死んでない死んでないw


1803280120.jpg 

        ↑

…お分かりいただけただろうか…?w



さらに高坂に「かくげーとかいうの」で勝ったら入会という条件を提案。必死に食い止めようとする斑目だが……、春日部さんは高坂に「ぷよぷよの時みたいにいつも通りにね♡」とクギを刺す。

レアな高坂の動揺w


1803280121.jpg 




新入りたちが高坂と戦うはめになった格ゲー・ドラキュリーナハンターは「バンパイアハンター」がモデルらしい。


「コーサカどっち?」

「白い方」


…「白い方が勝つわ」だなw


1803280122.jpg 


レヴェルが違う相手に打ちのめされる沢崎。

もう1回やろうとするガッツがあった(クッチーは「高確率で死ねます」と逃げ)が、春日部さんが高坂に密着して「次も勝ったらキスしてあげる」で、見せつけやがる。


1803280123.jpg 


さらに「高坂に勝ったらキス」という条件でさらに翻弄される沢崎と朽木……。


「すまん……君らに罪はない…… 俺の力不足だ……」


斑目新会長はただ傍観するしかないのだったw



次年度以降も、春日部さんの妨害によって現視研は会員がいなくなり消滅してしまうのかwww

………いやいやいや。

来年度、クッチー復活とあの筆頭の登場が待たれるw


1803280118.jpg 


今回の新入りくん達はやがて来なくなるが(ここまでやられてしばらく来てたことに驚くが)、今回春日部さんがいるから出来なかった「恒例のドッキリ(部室内に1人にさせて、児文研の窓から監視)」を仕掛けられていたらどうなっただろうか。


たぶんクッチーの行動にはドン引きさせられるんだろうなぁ……だいぶ落ち着いてきた卒業年度ですら「同人誌をその場ででもオカズにしようとする男」なのだから(「当日返却で!!!!! 何ならそこのトイレで!!」by 123話「見よ 男の生き様を」)。油断して気を許すとテンション爆上げでウザイ存在になること間違いなし(´・ω・`)




スポンサーサイト

コメント

レスありがとうございます

>ストレスかかる描写
言い得て妙!な表現ですね
他作家ですとキヅキアキラ先生とかも……

ある程度甘いオブラートに包まれないと
読むのがきつかったり^^;
確かにメンタル安定してる時にそういうのは
読みたいですよね
>しろ様
いつもありがとうございます。
そして初代感想も読んでいただいて感謝感謝でし。

> 新人二人が並んで咲ちゃんの前に座ってる時の居心地の悪さ感
木尾センセはこういうストレスかかる描写うまいですね。
自分は詳しく無いですが、げんしけん以前の作風もかなりキツかったようで……心にゆとりがある時に読んでみたいものです。

> クッチー
ほんと、イタい部分含めて「げんしけん」の良心なんじゃないかなとも思いますw

今後ともどうかよろしくお願いします。
初代の回想、ぜんぶ楽しくよんでます!

初期の絵は田中・斑目はまだしも久我山はキツイですね(^^;

新人二人が並んで咲ちゃんの前に座ってる時の
居心地の悪さ感が我が身のように感じられます
木尾先生ほんと空気感描くのうまいなあ……

クッチーの考察なるほどーと思いました
何気に高坂と並んで内面を他のキャラに見せない
読者にも滅多に見せない彼の最終回での救済は泣けます

今後も初代回想たのしみです

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する