俺之脳髄(オレズイ)

俺の脳内はいつもこんなモノで満たされてます的ブログ。げんしけん、プリキュア、プロレスなど雑食気味デス。

プロフィール

先刻

Author:先刻
過去にとらわれ万事後ろ向き
新しいネタに弱い情弱野郎ですが
周回遅れでぬるーくオタクしてます
お気に入りは「げんしけん」。 二次創作にまで手を染めてしまい、その因果で順調に人生が狂っています。
そのほか、昭和特撮、007、プロレス、アニメ、ダメ映画、スバル車あたりが先刻を構成する主成分です。

つぶやき!

こんげつ!

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

シンプルアーカイブ

.


灼熱スイッチ fragments(高森奈津美、大橋歩夕、立野香菜子、牧野由依、藤田咲) /「ここから、かなたから」 TVアニメ「放課後のプレアデス」エンディングテーマ TVアニメ『小林さんちのメイドラゴン』OP主題歌「青空のラプソディ」(アニメ盤) 「三者三葉」キャラクターソング Vol.1 西川葉子 & 薗部 篠 TVアニメ『ろんぐらいだぁす!』ED主題歌「ハッピーアイスクリーム!」 TVアニメ「あまんちゅ!」エンディングテーマ「ふたり少女」 Gospel Of The Throttle 狂奔REMIX ver. TVアニメ『響け!ユーフォニアム2』ED主題歌「ヴィヴァーチェ!」 「ステラのまほう」オリジナルサウンドトラック TVアニメ『小林さんちのメイドラゴン』ED主題歌「タイトル未定」 TVアニメ「 ガヴリールドロップアウト 」オープニングテーマ「 ガヴリールドロップキック 」 宝箱―TREASURE BOX―/プラチナジェット(TVアニメ『SHIROBAKO』新オープニング/エンディングテーマ)(通常盤)
亜人ちゃんは語りたい(4) (ヤングマガジンコミックス) リトルウィッチアカデミア (ヤングジャンプコミックス) Spotted Flower 2 幸腹グラフィティ 第1巻 [Blu-ray] ヤマノススメの山のススメ (NEKO MOOK) 桜Trick (5) (まんがタイムKRコミックス) SHIROBAKO ~上山高校アニメーション同好会~ (1) (電撃コミックスNEXT)

検索フォーム

スマホ版QRコード

QR
  • げんしけん二代目感想122話(ネタバレあり)

16032601001.jpg


122話「股旅」


しかしながら長かった。
咲ちゃんがハーレムの臭いを嗅ぎ付けてから3年くらい経つのか。

こんなに長く引っぱっておいて、今回の結論……。
ちょっとイラッとしたけど、斑目らしい優しさも感じられる決着の付け方だったなと前向きに受け止めた。


……と、肯定しつつあったんだけど、感想書きながら、ある点について怒りが沸々とわいてきた ( ゚Д゚)その分は最後の方でボヤいているので注意。


(以下、バレあり)
げんしけん 二代目の十(19) (アフタヌーンKC)げんしけん(18) (アフタヌーンコミックス)Spotted Flower 1




冒頭の演出最高だった。
1人1人が斑目を通り過ぎていく。

アンジェラが隣に立って「お!?」と思ったら「先に行くねー(英語」だったり、ケーコが不機嫌だったり(w

特に「スーがサムズアップをする→斑目が応える→スーが通り過ぎて波戸が歩いてくる」とこは、手に汗にぎったわwww

16032601002.jpg

やたらページ割いて、いかにも波戸ちゃんが寄ってくる感じにしてたし。
今回の増ページってここにつぎ込んだのかと。

で、みんな通り過ぎた後に笑顔のクッチーがオチだったw





結局、斑目が決めたのは

「 誰 と も つ き 合 い ま せ ん 」

だった。

「結局斑目は独りになる」という予想は、ハーレム形成時からあった。
でも3年も引っぱられた現在、いざそのオチになってみると、とんだ肩すかしだなと思ってしまうなぁ。

16032601003.jpg


で、斑目には、それぞれに理由があった。


「アンジェラ=ほぼ日本にいない」
あのボディを年2回…という拷問に耐えられないという…w
本人もコミフェス時期は「同人誌に搾り取られまくってる時期」なので、そこにやってきたら「しんじゃうよね(はあと」なのが笑う。
なにこのサキュバスw


「恵子=春日部さんが話に出てくるのが辛い」
これは斑目側の気持ちの問題なのかと思ったりもするんだが……。
恵子自身もそんなにたくさん話題に出してたわけじゃないだろうし。

むしろ斑目側が、恵子を春日部さんに幻視した場面なんかもあって、ふと思い出しそうだから振ったと(アレは春日部さんに告白し振られる前なんで、もうそんな心境は無いかもだけど)。
恵子も「全員ダメならそれでいーや」と納得。


「スー=荻上さんとゆりんゆりんする様を見せてほしい」
この瞬間の荻上さんの「はぁ?」、わかる。
とって付けたような理由なのがなぁ。
斑目の「スーはそうあるべきだって」に対する無言の横顔は、何を思うか。自分らしさを貫けといわれて納得したのか。

「きちんとした告白」はスーしかしていないし、これはいつの日か、スー斑の成就の日がくる可能性が微レ存なわけよ!
微かな可能性だけでも期待してる(´∀`)


「波戸=俺といると考えすぎてダメになる」
波戸くんへの理由が、一番重みがあって、相手のことを考えた理由なんだよね。

“たとえ上手くいっても、それすら理由にして自分を責めて苦しむ”

まあそうだよねぇ。
たぶん波戸自身もその危うさは十分わかっているからこそ、“女装好きの腐男子、それ以上でも以下でもない、くらいの生き方がちょうどいい”に納得せざるを得なかったか。





斑目が全員と縁を切るくらいの覚悟の上で、引っ越しと就職を宣言。
その瞬間のクッチーのチューはなぁ……いくら感激したからって。
大学時代にあのくらいのノリで男チューやったこともあったけど(オイ)、正直イタイわ。

16032601009.jpg



そして翌日の日光江戸村観光。
それぞれに満喫する中で、斑目がひとりのカットが何ともいえず(´;ω;`)

16032601007.jpg

あと、斑目にくっつくクッチーのくだりで「ヌルフフ」があった。暗殺教室の殺せんせーネタね。






凄く肩すかし感はあったけど、
大山鳴動して収穫ナシってわけじゃない。

斑目が言ってたように成田山イベントやってなかったら結論はいつまでも出て来なかっただろう。
そして、このイベントを経て進展したこともあって、結果として良かったと思う。


進展は、斑目の転居と再就職。
最初の就職先「桜管工事工業」は、大学から離れられない心境もあったろうし。
春日部さんに振られて、大学から離れて過ごすようになる……これが斑目にとって本当の卒業なんじゃないかな。



もう1つの進展は、やはり波戸と矢島。
斑目の結論を納得し、気持ちが晴れた波戸と、それを見守ってきた矢島の最後会話は好きだ。
波戸が内心を打ち明けながら、次第に楽になっていくのが分かる。

16032601008.jpg

「途中から タメ口になってんぞ」
「あ ごめんっ… なさい」
「いや それでいいよ」


ハトヤジが少しずつ距離を縮めているのが感じられる良い終わり方だった。





良い終わり方といえば、ラストカットは無人の部室。

無印最終回を思い出して焦った。
ひょっとして次回最終回になるんかなと思って、巻末の予告を見まくったわw

16032601005.jpg


次回予告は……ひょっとしてレイズナーの最終回ですか?
「エイジぃぃぃ!」





それはさておき、斑目はスーとオギーに「ゆりんゆりんしてほしい」って言ってたが、この2人そんなに濃密に百合ってたかな…?

むしろスーがストーキングに近い接近の仕方をし、今では優秀なアシスタント。
百合っぽさで言えば、以前の「今ハコレガセーイッパイ」とか、膝枕をしたシーンがあったっけか。
それも斑目の知らないとこでの場面だし。

16032601004.jpg

あと荻上には笹原がいるんだし……あ、今回の結果を知った笹原の舌打ちが聞こえてくるよ(……チッ……)





(この後、しばらく自分の独りよがりな思いを垂れ流すのでご注意)

今回の感想を書きつつ、「まさかの結論だったけど、結果として斑目らしくてイイネ」と思ってたんだけど。

スージーについてはちょっとした怒りが沸いてきた。



スーが告白回で口にした。

「斑目ハ 怖クナイカラ 特別」

はもっと重く捉えるべきなんじゃないかねって気がしている。
他人と深くコミュニケーションすることが稀で、斑目への言葉を裏返せば“他人が怖い”という風にも捉えられる。

そのスーの抱えている問題が、今回の結論で、有耶無耶になってるのが辛いのだ。


個人的な思いを吐露して申し訳ないが、「スー斑」ってのは、くっついてイチャイチャしてればいいという物では無いと思っている。

母国でも他人と親しくすることがない(大野さん談)というスージーが、人を好きになるってのは凄いことなのだ。
そんなスーが、心を許せるのは斑目だと言っているのだ。


自分は、スーが誰かに心を許す、誰かと交際するというのは、彼女にとって安心できる「居場所」を見つけることなんだと思ってた。

母国でも見つけられなかった居場所を、日本に来てようやく見つけた。
それが荻上。
でも笹原がいるから、荻上という居場所には限りがあると思うのだ。


本当に安住できる「居場所」は、初来日時から距離感近めに接することができた斑目しかないと思ってた。

(自分はその流れで二次創作にまで手を染めてしまった……いやそれはどうでもいいw)

だから118話の告白回は、本当に嬉しかった。



告白までやってくれたら、後はハーレムの結末がどうなってもいいやとさえ思ったこともあったけど、スージーには斑目のもとで自分の居場所を見つけて、救われるべきだと思ってた。
……んだけど、まさかその斑目から「限定的な居場所」である荻上のもとに戻されるなんて思いもしなかった。


本人はサムズアップして喜んだが、それでいいのか!?

「スーはそうあるべきだ」って斑目は言うが、荻上さんとの関係が彼女の全てじゃないでしょうに。読者は留学生寮内でも他人と接点が無い生活風景を見せられているわけで、おじさんそこんとこ心配なのよ…。

斑目が拾わないでどうすんのよと。



スージー、本当にそれで幸せか???




以上は、自分の独りよがりのスー斑考察からくる憤りなので、軽く流しておいてください。
イタくて恥ずかしいけれど、感想の一端なのでそのまま載せておきます。

こんな偏屈な意見も湧き出てきたけど、本編の展開には納得してるし肯定してますのでご了承下さい。


スポンサーサイト

コメント

>とおりすがりさま
初代の軽井沢合宿と比べて、くじ引きデート企画っぽい日光編は長々と続くぶんフラストレーション溜まる人もあったことと思います。

「二代目」は現役メインで進めてほしい気持ちもあったので、斑目メインでいつまでも引っぱることには疑問もありました。
でも現時点(125話時点)ではそれももうすぐ終焉になりそうなので、綺麗に(斑目メインの物語を)幕引きしてくれたらいいなと思います。

今までの展開はだらだらと長かったかもですが、自分はここ3〜4年のハーレム展開も苦じゃないですね。
「二代目」という形で物語の続きを見ることが出来るのが何より嬉しいのです。
>げんしけん出るたびに昔からブログ読んでます さま(とお呼びしていいのかw)

コメントありがとうございます!
毎度この場末ブログを読んでいただいてるとのことで感謝感激です!

> 今回、班目の結論はスーの気持ちに対する誤魔化しのようなものに感じますよね。

実に「斑目だなぁ」なお断りで感慨深くもあったんですが、そのモヤモヤ感をバッサリ指摘してスーとつき合うルートを強引に築いた春日部さんすげえです。


> 初代からなのでリアルタイムに、少し先輩たちだったのに、気が付いたら班目を追い抜いた年になってしまっていたんですね。
 ↑
分かります。
初代「げんしけん」は、笹原世代の入学から卒業まで、毎月リアルタイム4年間の時間進行だったのに、「二代目」はじっくりと描いている分、自分たちのリアルタイムと斑目たちとの年齢がかけ離れていって……少々寂しいですね。


> 感想を共有したくて、書き込み失礼しました。

ほんとありがとうございます。
いつも返事は遅いですが、同じ好みの仲間と感動やらオモシロ感を共有できるのって幸せです。
また機会があったら、ぜひコメントをよろしくお願いします!
  • 07月 06 2016
    • 2016/07/06(水) 10:43:02
    • [ 編集 ]
    • URL
    • とおりすがりwLMIWoss
吉武が企画っぽくやって、むりやり誰かとくっ付けちゃえ展開の流れだったから、まあこの結末になるのはわかり切ってた。
こんな形で終着させないでしょ。
この状態で斑目編は終わらせちゃ駄目だろうけど、流石にテンポが遅く、長すぎてうんざりしてる。
スーの過去を斑目が知ったうえで付き合うとか、春日部が高坂と分かれて付き合うとか、やりようはいくらでもあるから、さっさと綺麗に終わらせてほしいわ。
げんしけんが出るたびに、このブログを読んでいます。

今回、班目の結論はスーの気持ちに対する誤魔化しのようなものに感じますよね。オギーがキレたシーンは本当に同感でした。スーにここまでさせておいて!

ただ、ひっぱりにひっぱっておいて、え〜第○○回〜となった瞬間には、「あぁ、班目だなぁ」と思いました。
リアルタイムに初代から見ているとキレたくなる気持ちよりも、班目だしなぁとなぜか納得してしまうのが不思議です。

初代からなのでリアルタイムに、少し先輩たちだったのに、気が付いたら班目を追い抜いた年になってしまっていたんですね。

感想を共有したくて、書き込み失礼しました。
>アルさま
コメントありがとうございます!

こんな場末ブログ見に来てくださって感謝です。
単行本で読み進めている人は今回ほんと同情します(´・ω・`)

僕も矢島と波戸の展開が(恋愛に限らず漫画ロード的にも)楽しみなんで続いて欲しいところです。

……と思っているところで、今月のアフタヌーンで斑目ハーレムに関わる凄まじい展開が見えて来ました!

ちょっとビックリですなんて思わせぶりな事を書いてすみません。
ぜひ今後も気が向いたらお越し下さいませ。

はじめまして。
今日発売されたコミックスが121話まで収録だったのでさすがに我慢できず…(^^; じっくり読ませていただきました。
いや、班目ならありそうとは思いましたが、選ばないを選ぶとは…。ここまで長かっただけに残念ではあります。
ただ1代目のことを考えるとカップル成立がコミックス終了へのフラグでもあるのかな…?とか考えてしまっていたので、そういう意味では少しだけ安心です。げんしけんはまだ続き…ますよね?

ここから矢島がプッシュしていくんですかね?個人的には吉武に一波乱あって欲しいものですが…。スポフラに関してはあまり読めてないこともあって別世界線かなーくらいにまだ思ってます。

なんにせよ続きが楽しみです!
ブログこれからも定期的に見ていきます、頑張ってください!
やっぱり全員振られましたか(ここまでは予想通り)

スーへの答えはやっぱり「誤魔化し」に見えるかなって思ってしまいます
「妹みたいで恋愛対象としては見れない」とでも言ってくれたほうがマシですね
でも逆に考えれば、斑目の本気の気持ちがまだ見えてない>再チャンスの可能性も?

ここのコメ欄はヤジ波戸推しの方もいるみたいですがそれも個人的にどうかと……
「同性に振られた上、手頃な相手が見つかったから異性愛にもどれたよ」なんてあまりにもキャラの人格として浅薄すぎませんかね?
確かに人間関係の収まりはよくはなりますが、最高に薄っぺらい蛇足になりそうなので、あまり進めてほしくない気持ちが。
  • >ALL

  • 04月 12 2016
    • 2016/04/12(火) 08:57:40
    • [ 編集 ]
    • URL
    • 先刻dhW/fY4s
今回、この場末ブログでの感想にコメント寄せていただいた皆様に感謝感謝です。

いただいたコメントに返信を全然できず、申し訳ありません。


斑目の選択に少なからずショックもあり、感想で書いたようなスーへの返答への疑念もあり、何より、ここにコメント寄せて下さった方々のお言葉が頷けるものばかりなんで、もう返信として返す言葉を紡げないのも理由です。

「仰る通り」と思うこと多くて。
コメント本当にありがとうございます。


……リアルの生活でてんやわんやという裏事情もあるのですが、それはそれ。


はじめてコメント寄せてくださった方もホントありがとうございます。これに懲りることなく今後とも宜しくお願いします。
読んだ直後は結構カチンときまして10巻から読み返したんですが・・・やっぱりスーは可愛いですね!

通して読んだらスーが可愛ければなんでもいいかな!状態になりましたが、改めて最新話を読んだらまた色々と湧き出してきました。何年も一喜一憂させてこれかと・・・107話で吉武に一人に絞れと言われていたのに・・・スーはかわいい・・・

なによりも、仮にも「告白」させたのだったら返事はどちらにしても真剣に考えて一対一でするべきだったと思いました。むしろ、そういったシーンを入れてくるものだと思っていて楽しみにしていたので、そこが不満というかもやもやするところですね。

今にして思えば波戸ちゃんとの三角関係ではなく4人とのハーレムになっていた時点で我々の敗北は必至だったのかもしれません。まだ可能性はあると思いますが全てはさじ加減次第なのかなと邪推してしまいますね。
今はただスーの今後の出番が心配でス(終わらないよね?)

長々すいません、長文は書きたくなかったんですが色々思うところがありました。今後も楽しみにしてますね!
はじめまして
感想と
みなさんのコメント拝見させていただきました
今日最新話を読み
他のかたの感想が知りたくなり
そそくさGoogle先生を頼り
ここにたどり着きました
みなさんのコメントを読み
より一層スーの気持ちが気になりました
納得したあとの
スーのあの表情
小さいコマで言葉もありませんでしたが
スーはあの斑目さんの言葉に
とても納得したようには思えません
切なくて儚い感じに私には見えました
ケイコのところでも
同じ大きさのコマで表情が描かれていましたが
ケイコはおとぼけた感じで
よりスーのあの表情が対比になっていて
気になって仕方ありません
ぜひ
スーには
押し掛け女房になってもらいたいです!(願望)
思いの丈を書いて少し落ち着きました…
今日こちらに来られて本当に良かったです今後も勝手ですが
こちらにちょくちょく通わせていただきたければと思います
失礼いたしました
  • 03月 28 2016
    • 2016/03/28(月) 11:07:45
    • [ 編集 ]
    • URL
    • qRHH3mn.
アンジェラが距離潰して来たら、もう一波乱ありそう。日本で就職とか? そうなると恵子が黙っちゃいない。スーとは良きオタ友であればいい。スーに関しては今後が気になる。引っ越しの理由とか、どうなったんだか。波戸ちゃんは、ヤジーと漫画でも作ってればいいよ。…斑目は就活頑張りつつ、隙を見て咲ちゃん寝盗ればいいと思う。斑目は咲に報告しないといかんだろうし。
私の言いたいことは、
ほとんど皆さんがすでにおっしゃってて
驚きました(笑)
ここまで何度もいい意味で期待を裏切ってきた木尾先生だけに、
まさかこの大事な場面で悪い意味で裏切られるとは思ってもいませんでした。
期待し過ぎていたんでしょうか?

とにかく、スーに関してはキャラ個人に対しても、ストーリー上も、
何らかのフォローがないと納得できませんね。
読んでから結構落ち着きました。

誰とも付き合わないのセリフを見てやっぱりと思ってしまいました。121話以前の色々な人の感想を読んで有り得るなあ斑目ならどころか、いや、斑目だからそうなるとういう考えが大きくなってたので妙に納得がいってしまいました。

でもその後の付き合わない理由にはまだ納得出来ません。

スーを選ばなかった理由は本気で斑目が考えてるとは思えません。本当にそう思ってるとは思いたくありません。

それだけならまだしもスーがその理由で喜んで納得してるのまで見てもう訳が分からなくなりました。118話の後だよなこれ?、と

それと自分がなんで混乱して怒ってるのかも管理人さんの感想で分かりました、ありがとうございます。

本当にこれでげんしけんは終わりなんですかね?波戸と矢島なんて正にこれからですし、スポフラ正史の可能性が生まれたからには斑目のその後も見たいです。というより可能性が出来ちゃった以上はスポフラ正史かifかは白黒ハッキリさせて欲しいです。あとこれは幾らでも書けそうですが部室でダラダラするみんな、終わってほしくないです。

最後に今回も長くなってすいません。そして今回の展開があってもスー斑の可能性を持ち続ける管理人さんには頭が下がりますし元気が湧いてきます。今回も更新お疲れ様でした。ありがとうございました。
自分は「大学から離れるべき」と斑目さんが言ってたのをよく覚えていました。そこから(というか、『くじびきげんしけん』が『げんしけん二代目』の予告であったように)、最悪斑目さんは全員を振ってしまうのではないかと思っていましたが、そうなるとは……。

後はスポフラルート(全員振ったうえで大学から離れ、そのあとで春日部さんとくっつく)しか考えられませんが、あのまま完結になったら納得行かねぇ! ……と思ったら、こちらも描き下ろしで終わらせる気じゃないだろうかと心配です。そうなりゃ単行本連続刊行も可能だし。

いよいよラストとなると、気が抜けないなぁ……。
一ヶ月間は単行本も触らないんだ僕は…!

私も怒ってますよ?ポケモンのデータを消されてもさほど怒らなかった私ですが今回ばかりはちょっと怒らざるを得ないですな!

自分も頭の片隅にありましたよ?誰とも付き合わない班目
だけど連載が続けば続くほどその考えはどんどん風化していった
と思います。まぁアリだとは思うんですよ!

…ですけどね〜その終わり方にしていい尺の取り方じゃないと
思うんですよねぇ3年ですよさんねん!!さんねんんん!!
それぞれの葛藤(主に波戸)やコミュニケーションを濃密に
書いておいてあの終わり方はちょっと許されないですよ
そんな終わり方するならハーレムメンバー1人1話ずつ書いて
4話目くらいに誰とも付き合わないって結論なら
「やっぱりwwwさすがは班目www」
と笑い話にできますよ!!けど40話近く引っ張って誰とも
付き合わないってそりゃいくらなんでも酷すぎる!!

大体その後のメンバー達もアッサリしすぎでしょう
あの理由の後にスーがサムズアップしてるのを見た時は自分の目を疑いましたよ!

しかも話の締めが波戸と矢島の2ショットって…これ明らかに
「今後は波戸と矢島をピックアップしていきます」
って言ってるようなものですよ

これじゃまるで班目のハーレムが
「波戸と矢島の恋愛を描けるように班目と波戸の間から
恋愛要素を無くすための前座」
みたいに思えて班目がかなり不憫に思えて仕方ない…ちょっと
言いたいことがうまく伝えられなくてスミマセン(^_^;)
そのくらい怒ってますよ私は…!!


…まぁヤジハトも楽しみの一つではあるのでなんだかんだ来月も
読みますよげんしけんは!でもなぁ…やっぱ納得できない
初めまして。いつも感想読ませてもらってます。

散々ひっぱった班目ハーレムがこんな結末を迎えるなんて・・・
途中スーの告白などスー押しが強かったのでスーとくっつくのかなぁーと思ってたらこれですよ・・・班目らしいですがw

班目の彼女話が最終話あたりにちらっと出る事を期待。
2代目チームが卒業する時に春日部さんと班目で来る様なスポフラルートかなぁとかってに妄想が膨らみますw

ブログこれからも頑張ってくださ!
初めまして!いつも感想楽しみに読ませて頂いています。
今回スーに対しての感想に首ぶんぶんして同感したのでコメントさせて頂きます。笑
私は特にスー推しではなかったのですが……一番ちゃんと告白してくれたスーに対しての班目の返答がひど過ぎてビックリでした。スーもこれでいいのか!?

あなたの大好きな春日部さんはあなたが「鼻毛が…!」としか言えなくても、ちゃんと気持ちを汲んで明確な答えで振ってくれたでしょう。スーの真剣な告白にこの答えって、春日部さんに「あんたは田中やクガピーとオタクやってる方がいいよ。そうあるべき」って振られてるようなもんじゃない?告白の答えじゃなくないか?
なんだか、猛烈にガッカリしました( ;´Д`)
本当、スーの世界は荻上だけが全てじゃないですよね。
なんというか、班目にとってこの4人はあくまでハーレム要員の「キャラ」としてしか見えて無いような感じ。
ずっと誰かとくっついて幸せになったらいいなぁと思っていましたが、当分、幸せになる必要ないですね。
というか、4人ともあて馬で結局スポフラルートになって行きそうな予感…。
でも、ハトちんと矢島っちの今後の展開は楽しみですね〜。
思わず長々書いてしまいすみません。笑

これからも熱い感想楽しみにしていますね!

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する