俺之脳髄(オレズイ)

俺の脳内はいつもこんなモノで満たされてます的ブログ。げんしけん、プリキュア、プロレスなど雑食気味デス。

プロフィール

先刻

Author:先刻
過去にとらわれ万事後ろ向き
新しいネタに弱い情弱野郎ですが
周回遅れでぬるーくオタクしてます
お気に入りは「げんしけん」。 二次創作にまで手を染めてしまい、その因果で順調に人生が狂っています。
そのほか、昭和特撮、007、プロレス、アニメ、ダメ映画、スバル車あたりが先刻を構成する主成分です。

つぶやき!

こんげつ!

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

シンプルアーカイブ

.


灼熱スイッチ fragments(高森奈津美、大橋歩夕、立野香菜子、牧野由依、藤田咲) /「ここから、かなたから」 TVアニメ「放課後のプレアデス」エンディングテーマ TVアニメ『小林さんちのメイドラゴン』OP主題歌「青空のラプソディ」(アニメ盤) 「三者三葉」キャラクターソング Vol.1 西川葉子 & 薗部 篠 TVアニメ『ろんぐらいだぁす!』ED主題歌「ハッピーアイスクリーム!」 TVアニメ「あまんちゅ!」エンディングテーマ「ふたり少女」 Gospel Of The Throttle 狂奔REMIX ver. TVアニメ『響け!ユーフォニアム2』ED主題歌「ヴィヴァーチェ!」 「ステラのまほう」オリジナルサウンドトラック TVアニメ『小林さんちのメイドラゴン』ED主題歌「タイトル未定」 TVアニメ「 ガヴリールドロップアウト 」オープニングテーマ「 ガヴリールドロップキック 」 宝箱―TREASURE BOX―/プラチナジェット(TVアニメ『SHIROBAKO』新オープニング/エンディングテーマ)(通常盤)
亜人ちゃんは語りたい(4) (ヤングマガジンコミックス) リトルウィッチアカデミア (ヤングジャンプコミックス) Spotted Flower 2 幸腹グラフィティ 第1巻 [Blu-ray] ヤマノススメの山のススメ (NEKO MOOK) 桜Trick (5) (まんがタイムKRコミックス) SHIROBAKO ~上山高校アニメーション同好会~ (1) (電撃コミックスNEXT)

検索フォーム

スマホ版QRコード

QR
  • ガールズ&パンツァー劇場版(2015) 感想5回目

16012901001.jpg


やっと念願の、立川シネマシティでのガルパン極上爆音上映(極爆)を見てきた。

音が凄かった…腹に響いてくる感じだった。そんな小並感しか出て来ないくらい衝撃であった。
マッドマックスがこの極爆で凄かったという話を後になって知り、行けば良かったのにと後悔。

以下、素人なりの感想ちょっとずつ。


→1回目鑑賞の感想へ
→2回目鑑賞の感想へ
→3回目&4回目の感想へ


ガールズ&パンツァー 戦車道のよこみち<ガールズ&パンツァー 戦車道のよこみち>ガールズ&パンツァー もっとらぶらぶ作戦です! 5<ガールズ&パンツァー もっとらぶらぶ作戦です!> (コミックアライブ)ガルパンFebri



凄かった!
オープニング、ゴルフ場で飛び交う砲弾の音、パンツァーフォーしてからの戦車の起動音も細かく聞こえてきて、臨場感があった。

凄みを感じたのは、やっぱりカール自走臼砲の攻撃、特にどんぐり小隊がその姿を確認した時の発射シーンは怖いほど。

ファイヤフライの17ポンド砲も、他の戦車の一段上をいく迫力があった。この音の凄さがファイヤフライ+ナオミの強さの説得力になってる。

ポルシェティーガーの加速シーンも迫力あって「おっ」と思った。

大学選抜との初の遭遇戦で砲撃音が激しくて、他劇場では聞こえたおケイさんの「CQ!CQ!」が聞き取りにくい気がした。



……そして、爆音じゃないけど文科省メガネ役人の初セリフが後方から聞こえてきてビクッとした。悔しい…w





音響に注目していたこともあり、視覚より聴覚を集中していたせいか、セリフも印象深いもの多かった。


「みなさんはじめまして。はじめてじゃない方はお久しぶりです」
3分で分かるコーナーの冒頭から、みほの声が凄くかわいくて悶えた(オイ)
何度も見たのに、今回やたら萌えたw


「重戦車キラー参上〜ぉ!」
宇津木ちゃんの声は独特のリズムと高さがあって耳に残る(バターになっちゃいますよぉ、とかw)


ローズヒップさんがとても良いw

「もっちろんでございますわ!」
「発見ですわ!やっつけますわよ!」
「ごめんあそばせ!」
「先頭車何をやってるんですの!?ダージリン様のおっ紅茶が冷めてしまいますわ!」
「聖グロ1の俊足からは逃げられないんですのよ!」
「あらら、変ですわー!」
「リミッター外しますわよ!」


セリフがいちいち躍動してるし、憶えやすいインパクトw
戦車も本人が乗り移ってるみたいに落ち着きないし。よほど操縦士もローズヒップみたいな子なんだろうなあと。
うちのムスメたちが、ローズヒップとあかり(ジュエルペット☆てぃんくる)、すばる(放課後のプレアデス)が同じ声優さんだということに驚いてたw


封鎖された校門前での澤ちゃんいい…。
「じゃあ、私たちの戦いは何だったんですか!? 学校がなくならないために頑張ったのに!」
ここグッとくる。
澤ちゃんはみほが指示した「自分たちの戦い」を真面目に受け止めて考えたり、遊園地戦が始まる際の「みんな落ち着いてね」という車長らしい指示とか、成長度合では知波単(福田)に及ばないけど懸命に頑張っている様子が見えて好感。


メグミ?の「日本戦車道ここにありと知らしめた、島田流戦車道の後継者」のセリフがやたらと色っぽい(;´Д`)


学校閉鎖時、会長が帰還した時、勝利時の桃ちゃんの「泣き」が素晴らしいw


どんぐり中隊がカールを発見するとこ、緊迫感凄かった。
先頭を疾走するCV33、身を乗り出しているアンチョビ、その視界にカールが映った時の、
「はっ!何だあれは!?」
「カールっすよ!」

そこにかぶるBGMの威圧感も相まって、凄く好きな場面だけど……すぐにアンチョビとペパロによるアタマワルイコントが始まるのであった(´・ω・`)





ひまわり中隊が高地頂上に向かう時、ダージリンさんの視点(「成功は大胆不敵の子供…」のとき)で、マチルダに乗るルクリリさんがティーカップを持ったままひまわり中隊を見送ってたり、高地を制したプラウダ勢の「203奪取よ!」「ウラーッ!」の気勢も、好きなシーンとセリフ。
混成チームでも、それぞれの学校の文化が見えてくるとこ良い、とても良い。


プラウダ勢といえば、毎度泣かされて、毎度感想に書いているあのシーン。
「カチューシャ様、一緒に闘うことができて光栄でした…」もかなり泣かせるが、今回、一番涙腺にキタのはカーベーたんチームだった。
うろおぼえだけど、

「カチューシャ隊長がまた狙われてっが」
「なぁ、うちの戦車おっきいから、盾になるんでねが?」
「いぐべか?」
「みんなもいぐべ!」

「あのちびっこ隊長にはいっつも無茶ばっかさせられてたけど…」なんて言いながら、東北弁でカチューシャの盾になろうと話すとこでもう涙腺がやばい。
素朴な言葉だから余計にくるんだわ。


気になるところは、終盤のソド子の「規則は破るためにあるのよ!」
エキシビションでの「規則は守るためにあるのよ!」に対するものであるのは分かるけど、ちょっと唐突かな?

そのセリフを引き出すために、ゴモ代?が「私たち規則違反してるみたい」と嘆いているけど、各戦車で連携しながら敵を撃破する展開になっているし、CV33と連携しながらの戦いなんで間違ったことしてないけどなぁ…と思ったり。




立川で音を楽しんだおかげで、セリフも色々と堪能できた(´∀`)

2月に4DXも始まるし、何より新しい上映館のなかに、家から気軽に生ける映画館が参入したのが嬉しい。
これはもっと見るしかないじゃないかw




(2016/12/21追記)
→結果として2016年末までに見た回数は17回でした。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する