俺之脳髄(オレズイ)

俺の脳内はいつもこんなモノで満たされてます的ブログ。げんしけん、プリキュア、プロレスなど雑食気味デス。

プロフィール

先刻

Author:先刻
過去にとらわれ万事後ろ向き
新しいネタに弱い情弱野郎ですが
周回遅れでぬるーくオタクしてます
お気に入りは「げんしけん」。 二次創作にまで手を染めてしまい、その因果で順調に人生が狂っています。
そのほか、昭和特撮、007、プロレス、アニメ、ダメ映画、スバル車あたりが先刻を構成する主成分です。

つぶやき!

こんげつ!

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

シンプルアーカイブ

.


灼熱スイッチ fragments(高森奈津美、大橋歩夕、立野香菜子、牧野由依、藤田咲) /「ここから、かなたから」 TVアニメ「放課後のプレアデス」エンディングテーマ TVアニメ『小林さんちのメイドラゴン』OP主題歌「青空のラプソディ」(アニメ盤) 「三者三葉」キャラクターソング Vol.1 西川葉子 & 薗部 篠 TVアニメ『ろんぐらいだぁす!』ED主題歌「ハッピーアイスクリーム!」 TVアニメ「あまんちゅ!」エンディングテーマ「ふたり少女」 Gospel Of The Throttle 狂奔REMIX ver. TVアニメ『響け!ユーフォニアム2』ED主題歌「ヴィヴァーチェ!」 「ステラのまほう」オリジナルサウンドトラック TVアニメ『小林さんちのメイドラゴン』ED主題歌「タイトル未定」 TVアニメ「 ガヴリールドロップアウト 」オープニングテーマ「 ガヴリールドロップキック 」 宝箱―TREASURE BOX―/プラチナジェット(TVアニメ『SHIROBAKO』新オープニング/エンディングテーマ)(通常盤)
亜人ちゃんは語りたい(4) (ヤングマガジンコミックス) リトルウィッチアカデミア (ヤングジャンプコミックス) Spotted Flower 2 幸腹グラフィティ 第1巻 [Blu-ray] ヤマノススメの山のススメ (NEKO MOOK) 桜Trick (5) (まんがタイムKRコミックス) SHIROBAKO ~上山高校アニメーション同好会~ (1) (電撃コミックスNEXT)

検索フォーム

スマホ版QRコード

QR
  • げんしけん二代目感想119話(ネタバレあり)

15122501004.jpg


119話「モマエラ全員メンドくさい」


前回やたらとテンションが上がっただけに、今回の自分の落ち着き方は自分でも不思議なほど。

スー×斑目派としては前回スーが想いを打ち明けて、「もう終わった……この後どうなってもいいや」という感じかな…w
あと、今後どう転ぶのかが怖くて、心がリアクションのリミッターを架けているのかも。

そんな状態でも、今回ラストの展開はちょっと驚いた。どうなるんだこれw


(以下、バレあり)


アフタヌーン 2016年 02 月号 [雑誌]げんしけん 二代目の十(19) (アフタヌーンKC)



出番少ないけどスーかわいいよスー。

15122501006.jpg


波戸ちゃんによる男の娘をらしく見せるために必要なポイント…「顔の輪郭を隠す」「首から視線をずらす」「手の甲を見せない」…。
マンガ作中では完璧に見えるけれども、波戸くんが波戸ちゃんであるためには、色々制約があるんだな。



その上で「手をつなごう」という斑目さん。

「いやもう それはわかってるんだから」

15122501007.jpg

波戸に対しては割と強気に出れるのなあ。
「デートに慣れてきた」とご本人は言うが、相手の中身が男であるというのが無意識の安心を生んでいるんじゃろ。
それが良いのか悪いのか。

手をつないだ斑目と波戸が動揺しまくってる反応がちょっと可笑しかった。

15122501003.jpg



そしてサツイの波動!
擬音「ゴゴゴゴゴゴゴ…」を流したいw

15122501004.jpg


自分のデートのラストで「確かめた」アンジェラは斑目の本命が波戸だと看破。そして矢島の危惧。





手をつないだ時のドキドキが「背徳感」からくるものだという斑目の言葉。「いけない事をしている」背徳感を、ある種のスパイスと位置づけてしまった。
この関係が危ういもので、やがてはお互いの心も傷つけてしまうものであることを、斑目は危機感もなく露呈させてしまった。

15122501008.jpg



波戸の言葉に、斑目が発した「ごめん」の一言は、波戸にとって終焉のスイッチだったか?
「私も」ごめんなさい、と去って行く波戸と、残された斑目のやっちまった感に満ちた無言の数コマ。このとき斑目の脳内はぐるんぐるんしてて、さっきまでのやり取りが頭の中を何度もリフレインして、猛烈な後悔になっているんだろうなあ……。

15122501001.jpg





ここまで読んでいて、嗚呼……波戸ちゃん自分の気持ちに無理してでも決着をつけるのかなと思ったら意外な展開を見せた。
まさかのオギー登場w
そして斑目の背中押し!


カメラ片手に資料写真撮ってたから、他の一行から遅れていたという……。スージーはオギーを置いて先に行ってるのかよw

コミックの裏表紙もカメラを構えた荻上さんだったが……これは119話(今後の)の鍵を握る存在として描かれていたのかも?




部室での推し確認、矢島宅でのお風呂での描写で、どちらかと言えばスー推しだった荻上さんが、斑目に対して波戸を追いかけるように言葉を掛けた。

15122501002.jpg

「自分と同じ」だという理由で……たぶん、そのまま放っておけば、波戸は現視研から姿を消してしまうだろうという最悪の予想がつくんだろうなあ。
あの軽井沢の時、逃げた荻上を追いかけるようにと、笹原の背中を押したのは咲だったり、大野さんだったりしたわけで。荻上さんがその役目を担うとは……ちょっと感慨深い。

でも、追いかけた笹原は、相手(荻上)を理解し、妄想を止められないことにも共感しようと歩み寄り、「妄想の産物」を一緒に見て判断しようという度量があった。

果たして斑目に、大事なとこでキョドってばかりのこの男に、その時の笹原のような振る舞いができるのか……?
ただ、斑目が追いかけて決着をつけないと、今のままだと斑目自身も後悔しまくって姿を消しそうだし。

波戸に対して若干強気に、フランクに接することができる点が救いになるのかどうか。




ちなみに予告の「みんなも、面白マジカルしようぜ!」は「魔動王グランゾート」の予告からだね。
ホロレチュッチュパレロ!


ハシラの「それでも斑目が追いかけてくるような波戸くんになれ!」は、「ホットロード」の「それでも俺が追いかけてくるような女になれ」ですな。
作品は全然知らないけど、ちょうど先日、ヨメがDVDで実写映画版を見てたw




今回の展開は、予定調和的に決着をつけるわけでなく、斑目が自分を前面に出さないといけない局面になって、物語としては面白くなってキタと思う。

その上で、斑目の、波戸の、スーの、そして矢島の想いはどう転んでくのか。その先にどんな着地点をもってくるのか、気になる!



スポンサーサイト

コメント

>名無しさんさま
コメントありがとうございます&レスポンス遅くてすみません。

そういえば、我々は神の視点で「波×矢」への流れを知ってるけど、荻上さん、斑目さんは知る由もなく。
確かに波戸ちゃんは矢島っちとのことを斑目さんに匂わせることはなかったですな……。
それを思うとゲスの極み波戸ちんと言われても仕方ないかw

らららめさん(と荻チンさん)はここ数号の波×矢の急展開をしらいないんですよねぇ。
「波×矢の急展開」を知らない荻ちんさんはフォローに回ったつもりでも
「波×矢の急展開」で「ハト×ヤジありだな」とコペルニクス的転回した後のハトちゃんをおっかけても
荻ちんさんとおなじ話にはならなさそう。

つか、「ハト×ヤジありだな」覚醒をらららめさんにまったく匂わせないで、
まららめさんをキープ扱いしている波戸ちゃんがげすすぎる。
笹妹の達見が理解できるわ
>パプワさま
コメントありがとうございます!

そして感想を読んでいただいて感謝です!
うちは激しくスー派なんで、他派の方々には申し訳ないくらいなんですが、コメントまで寄せていただいてありがたいです(´∀`)


>笹妹派
恵子と斑目は、ほんとは一番現実的な線なんですよねー。
「しっくりくる」のご意見は納得いきます。

斑目が一度、春日部さんと恵子を見間違えた事があったり、程度は違っても春日部さんみたいに一般ギャル(?)視点からオタクを見ることができ、その上、斑目のために(?)アスカのコスプレまでしようとする……。
斑目自身も昔、恵子の着替えをバッタリ目にした事があったし……これこそラッキースケベでございましょう(;´Д`)

ハーレム化する前から、実を結びそうな接点はあったんですよね。
今回のハーレム問題が、スーと波戸ちゃんに絞られた時に、結構アッサリとギャラリー側にまわったのは意外でした。

まー、斑目が誰かとくっついても、ちょっかい出すんじゃないかという期待もありますけどw


ダラダラ書いてしまいましたが、今後ともよろしくお願いしますー!
  • 01月 21 2016
    • 2016/01/21(木) 01:01:57
    • [ 編集 ]
    • URL
    • パプワmQop/nM.
初めまして!よくげんしけんの感想を読んでます。

スー斑派が多いようですが、自分は笹妹派です。斑目に一番しっくりきてると思うなー。人間関係ごっちゃになるけどww
>ケンさま
こちらこそはじめまして。コメントありがとうございます。
そしてこんな場末ブログまでよく流れ着いてくれました(w

スー×斑派のお仲間と出会えて嬉しいです!
自分も、スーはぜひ大好きなオタ文化がある日本で幸せになってほしい、その居場所を得て欲しいと願っていたので、この前の告白回は大歓喜でした。今後の展開は予断を許しませんが、


>波×矢を確信
自分も、波戸が矢島を「見た」あの回から、いよいよ本格的にこの2人の関係進むと思いました。今はハーレム関連でどう転ぶか分かりませんが、この2人も組んだ方が、恋愛を別に考えても幸せな方向になると思います。


感想を読んでいただいて、本当にありがたいです。
ぜひまたコメント寄せていただけると嬉しいです。色んな人のコメントで新しい視点もらえることもあるので何卒(レスポンスは遅いですが)。

これからも宜しくお願いします。

初めまして!最近げんしけんに出会って全19巻を一瞬で読破し、続きが気になって仕方なかったところにオレズイさんのサイトに辿り着いたんですが・・・読んでいて楽しい感想だけではなく、スー×斑派の人たちがたくさん集まっていて嬉しくなり思わずコメントしてしまいました!

ほかの人たちのように自分もスーが本命だと予想しておりまして、波戸がサークルに漫画を持ち込んだときに絵だけしか評価されなかったのに対し、矢島が脚本でバカうけした場面で自分は波×矢を確信しました(ネタバレをみてからはちょっと揺らいでますが笑

おそらくオギ×ササと似たような組み合わせで原作と作画で分担して漫画家デビューみたいな形で収束するのではないかと...そうじゃないとスーの日本生活での未来がなさすぎて悲しくなりませんか?(ササ妹とアンジェラはさておき笑

結末の予想はこれぐらいにしておき....これからもオレズイさんのスーへの愛がこもった感想楽しみにしてます!
>aftさま
はじめまして。コメントいただきありがとうございます!
こんな場末ブログ読んでいただき感謝です(´∀`)

> 個人的には、班目と波戸君のラッキースケベの辺りから、スー班目ルートが確定した、と感じていましたので
あのラッキースケベの前の時期に、スーと荻上さんのお風呂(←荻上さんがフラグ建てる場面)をやってるので、そうした積み上げもルート確定につながるのでしょうね。
僕はかなり振り回されましたがw


> 改めて班目は愛すべき人物だなあと、しみじみ思うのです。
> 確かに二代目になってからはより顕著に、彼が物事の中心には居るのですが、結果どちらかといえば物事は彼の為には回っていないんですよね。

確かにそうですね。斑目はハーレムの中心であるようでいて、もう一つの波戸を軸とした関係性がありますからね。
春日部さんへの告白と失恋、ハーレム騒動を経て、報われることを願うばかりです。
いつも楽しく拝見させて頂いています。
個人的には、班目と波戸君のラッキースケベの辺りから、スー班目ルートが確定した、と感じていましたので一安心といいますか、気が抜けた、といいますか何とも不思議な状態です。

改めて班目は愛すべき人物だなあと、しみじみ思うのです。
確かに二代目になってからはより顕著に、彼が物事の中心には居るのですが、結果どちらかといえば物事は彼の為には回っていないんですよね。

個人的には、彼が肉体的にも、精神的にもモラトリアムでの期間を終えて、精神的な成熟をしてくれればいいなあ、と思います。そしてそれが彼に取って最も相応しいこれまでの振る舞いへのご褒美、になるのかな、と。
>灰色熊のジョニィさま
スー×斑派の切なる願いを代弁するようなコメント感謝です(´;ω;`)ブワッ

アンジェラの「本命はハト」については、キョドッた時の斑目の視線移動からくる確信なんでしょうけど、あそこでその意見を開陳して、そのままその言葉通り素直に波戸と斑目がくっつく展開になるとも思えません。
告白したスーが報われることを本当に祈るばかりです。


それにしても…、

> …神様お願いです…もう僕にはこれまでもいませんでしたが、これからも
> 一生恋人が出来なくて結構です…ですから…どうか…どうか…スーの恋を
> 成就させてやって下さい…どうか宜しくお願いします…!

切実すぎて泣ける。
どうかジョニィ氏もリア充になってください(´;ω;`)


>とりあえずスーかわいいさま
同士よ!
今月はどうしてもテンションが下がりますね。
それでもやはり次回が楽しみで仕方ないです。


> でも、まだ告白への返事もあるので楽しみですね
どうするでしょうねえ。
斑目が波戸ちゃんを追いかけてどんな決着を魅せてくれるのか、その上でスーの告白にどう応えるのか……気になりますね。

「本命はハトよ♪」
この一言に普通なら
「そんなわけねぇだろバッカヤローコンニャロー!」
と、ラジオの伊集院光ばりにプンスカプンするところですが
アンジェラさん…それはいわゆるフラグって奴なんですよ〜
その一言を班目が波戸を追っかけてから言おうものなら決まってたかもなんですが、次号に持ち越されるタイミングでそれを言ってしまう…愚策でしたね〜(古畑風)

今まで数々の出来事に対し、豊富な経験と豊満なバストで突破してきたアンジェラさん!今回ばかりは同意致しかねますね!

確かに波戸君も健気に班目を振り向かせようと努力したのは認めますが!
スーは「アンタバカァ?」のあの出会いから始まり!時は流れ成田山での
「猫夜叉オスワリ!」で、すでに我々スー派の中では勝負がついていると
結論が出ているのです!
この時から二人の間に付け入るスキなんてありようもないのです!

…神様お願いです…もう僕にはこれまでもいませんでしたが、これからも
一生恋人が出来なくて結構です…ですから…どうか…どうか…スーの恋を
成就させてやって下さい…どうか宜しくお願いします…!
  • 12月 26 2015
    • 2015/12/26(土) 05:22:23
    • [ 編集 ]
    • URL
    • とりあえずスーかわいい-
自分も( ゚ρ゚ )→(´・_・`)こんな感じです。前号はしゃぎすぎたから疲れたのかもしれません。今はただ満足していまス

でも、まだ告白への返事もあるので楽しみですね


やっぱり自分は波戸「ちゃん」のほうがイイ・・

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する