俺之脳髄(オレズイ)

俺の脳内はいつもこんなモノで満たされてます的ブログ。げんしけん、プリキュア、プロレスなど雑食気味デス。

プロフィール

先刻

Author:先刻
過去にとらわれ万事後ろ向き
新しいネタに弱い情弱野郎ですが
周回遅れでぬるーくオタクしてます
お気に入りは「げんしけん」。 二次創作にまで手を染めてしまい、その因果で順調に人生が狂っています。
そのほか、昭和特撮、007、プロレス、アニメ、ダメ映画、スバル車あたりが先刻を構成する主成分です。

つぶやき!

こんげつ!

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

シンプルアーカイブ

.


灼熱スイッチ fragments(高森奈津美、大橋歩夕、立野香菜子、牧野由依、藤田咲) /「ここから、かなたから」 TVアニメ「放課後のプレアデス」エンディングテーマ TVアニメ『小林さんちのメイドラゴン』OP主題歌「青空のラプソディ」(アニメ盤) 「三者三葉」キャラクターソング Vol.1 西川葉子 & 薗部 篠 TVアニメ『ろんぐらいだぁす!』ED主題歌「ハッピーアイスクリーム!」 TVアニメ「あまんちゅ!」エンディングテーマ「ふたり少女」 Gospel Of The Throttle 狂奔REMIX ver. TVアニメ『響け!ユーフォニアム2』ED主題歌「ヴィヴァーチェ!」 「ステラのまほう」オリジナルサウンドトラック TVアニメ『小林さんちのメイドラゴン』ED主題歌「タイトル未定」 TVアニメ「 ガヴリールドロップアウト 」オープニングテーマ「 ガヴリールドロップキック 」 宝箱―TREASURE BOX―/プラチナジェット(TVアニメ『SHIROBAKO』新オープニング/エンディングテーマ)(通常盤)
亜人ちゃんは語りたい(4) (ヤングマガジンコミックス) リトルウィッチアカデミア (ヤングジャンプコミックス) Spotted Flower 2 幸腹グラフィティ 第1巻 [Blu-ray] ヤマノススメの山のススメ (NEKO MOOK) 桜Trick (5) (まんがタイムKRコミックス) SHIROBAKO ~上山高校アニメーション同好会~ (1) (電撃コミックスNEXT)

検索フォーム

スマホ版QRコード

QR
  • ガールズ&パンツァー劇場版(2015) 感想

securedownload_201511250046221d1.jpg

ガールズ&パンツァー劇場版」最高だった……!

ほぼ全ての面子に見せ場があり、燃えて泣けて、ネタに翻弄され、その情報量に呆然としながら映画館を出た。
ちなみにもらった色紙は西住姉妹。嗚呼、故郷の星よ!

以下、心にヒットしたネタと、見ててグッときた感想をとにかく書きなぐってみる。


(以下、凄くネタバレ)


ガールズ&パンツァー 劇場版 主題歌「piece of youth」ガールズ&パンツァー劇場版 2016カレンダー 壁掛け A2ガールズ&パンツァー 劇場版 オリジナルサウンドトラック




最初のエキシビションマッチ。

突撃大好き知波単学園があまりに脳筋なのがウケた。
しかもゲスト新キャラなのに、その突撃脳筋が成長するのが凄い。個々の出番は短いのにしっかり物語形成してる!

聖グロとプラウダでタッグ……TVでダージリンさんがプラウダ学園艦を訪問した場面もあったし地味に仲が良さげだなあ。

聖グロ生徒のくせに優雅さに欠けるスピード狂ローズヒップさんの声が高森奈津美さんでビックリ。すばるのイメージで固定しちゃってるから楽しいビックリだった。

うさぎさんチームお約束と化す丸山ちゃんのひと言。テレビ版をなぞりながらのギャグで声出して笑いそうになる。

雪原じゃないから塗装が新鮮なプラウダ勢。←後でTV版を見返してたら「次はアンツイオです!」の回想シーンで出てた(´・ω・`)

“頼りになる”KVたんの火力が凄くで驚いた(後でもっと驚かされる火力が現れるが…)





試合後、しっかり入浴シーンが挟まれるサービスぶりに拍手。でも人数多すぎw

そして、文部科学省最低だな……!

しかし世界大会開催やプロリーグ開催を推進しようという大事な時に、全国大会優勝校を廃校にするという神経を疑う。
お役所というのはこういうものか。

蝶野さん、西住母、島田母まで巻き込んで交渉し、役人を圧倒する会長最高。そして桃ちゃん泣きじゃくりに笑うw
序盤の主役はもう会長そして生徒会といっても良いかな。





帰郷するみほと、私服(!!)で犬散歩してたまほ姉の場面よかった……。駅まで送るのも戦車でw

回想も含めてあの田園地帯。
お友達に突っ込まれたが、熊本全域があんなじゃないからねっ!

たぶん阿蘇や県北部の田園かなあと思いながら見てた。次に見る時はもっと気合入れて背景を眺めたい。



華さんの台詞、どこでも花は咲く、心が萎れない限り(だったか)はグッときた。戦車に通れない道はありません、と並んで名台詞だと思う。

ノリノリ秋山殿の鼻歌と、大学選抜の超重戦車T28登場時に流れる「ジョニーが凱旋する時」を聞くとダイハード3を連想してしまうw
それぞれのチーム毎の過ごし方は楽しかった。

やさぐれるソド子ら風紀委員と麻子の交流が良い(;´Д`)

自動車部が乗り回す車はトヨタ・ソアラの二代目後期型。自動車部のことだからきっと2.0GTツインターボだろうか。
彼女達がいじくりまわすに相応しい、メカも外内装も贅を尽くしたバブル期の一台。しかも「ツチヤ」が「ドリフトしまくる」とか言っててモデルの人ネタもニヤリとさせられる。

あの頃の車はホントカッコイイなあ……夜の海を背景に走る場面好き。

あんなボロボロのボコグマのミュージアム……何か幻想世界に迷い込んだのかと思ったw
あのミュージアムを見つける直前の華さんのカット、なんか違和感あるなと思ったら背景に流れ去った看板がミソだった&みほ視点だったのね。





あまり事前情報入って無かったから、試合するって誰とやるんや?……なんて思ってたので、相手が「大学選抜」だということにそれがあったか!と。

30対8の殲滅戦。圧倒的不利な状況下に現れるかつてのライバル達!……この燃えシチュエーションたまらない!
しかも短期転校という荒技で、全員がしっかり大洗高校の制服を来てやってくるのが可笑しい。
この中でもポイント高いのは、きっと久々に妹とお揃いの制服を着ることが出来てテンション上がっているだろうまほ姉と、袖が長過ぎるカチューシャだろう(;´Д`)ハァハァ

これで実質、大学選抜vs高校選抜みたいなものだよね。



ダージリンさんによるお茶会のお誘い電文「秋の日のヴィオロンのためいきの~」…は映画「史上最大の作戦」=ノルマンディー上陸作戦で有名な暗号だとは知ってはいたけど、本編での使い方、ホントに各ライバル校が史上最大に結集してきた時には泣いた。

ちなみに予告ではベートーベンの「運命」が流れてたけど、あれも「史上最大の作戦」のノルマンディー上陸作戦に絡んで流されてた……。冒頭の「ジャジャジャジャーン!」はモールス信号にすると「V」=ビクトリーとして位置づけられててBBCがラジオ放送してたとか。

ブリーフィングに集まる各校隊長らの場面は燃える。アンチョビまで入って皆で揃っている本編場面。やたら意見が個性的過ぎて、よくアレをまとめることができるなと、みほの指導力に感心するw





決戦はもう、言葉にならん(けど感想は書くw

テレビシリーズやOVAでの戦術や作戦を再現した戦い方も良かった。大学選抜の圧倒的な強さに対して正攻法では勝てず、個性とアイデアで少しずつ形勢を変えていくのは燃える。

特に自走臼砲攻略戦は手に汗握った。無茶な作戦で笑いを取りつつも、これを攻略できなければ負けという大事な局面だったし。それだけあの砲火の凄まじさには震える。

プラウダ勢が犠牲になりながらカチューシャを生かす場面は泣ける。
クラーラがそれまでロシア語で話し続けて、いざ別れの挨拶をすっと日本語でするとこは心憎い演出だと思った。
泣かせやがる(´;ω;`)ブワッ

あとノンナの早期退場が意外でありつつ、味方のピンチを煽る煽る。



脳筋だった知波単が成長した姿を見せ、バレー部を迎えてアヒル軍団結成したのは笑う。そうやって成長しつつも大人しく待ってはいられない、抑えられない突撃魂が可笑しい。

継続高校が不思議なポジションだった。隊長のミカさんが人生を達観してて弦楽器をポロンポロン鳴らす。
何だろうこの既視感はと思ったけど、帰ってからお友達の日記読んで分かった。

スナフキンかよwww

そういえば継続高校はフィンランド系だし、「ムーミン」のトーヤベンソンはフィンランドの人だ……このキャラ意図的かよ!
あの帽子といいw

見てる間は気付かなかった(´・ω・`)



アンツィオ勢。最初なぜCV33の一台だけに3人も乗り込んでやってきたのか不思議だった。
なぜぴよぴよを使わない!…と思ったけど、彼女たちの活躍ぶりが想定以上で、こういう適材適所の見せ場を作ってて、ホント泣けるほど燃えた。

うさぎさんチームのミフネ作戦で観覧車を転がす元ネタは映画「1941」から。
三船敏郎がオビワンケノービ(STAR WARS)のオファーを断った後、やっぱ出ておけば良かったと思って出たアメリカ映画が何故かこれだったとか聞いたことがあるんだが本当だろうかw



超重戦車T28を攻略するため、捨て身のダージリンさん+ナオミの連携燃える燃える。
この辺りから、圧倒的不利な中で、まるで1人1殺のような戦いぶり。 (←2回目見たらそうでもなかったw 逆転優勢からのセンチュリオン無双だった)





大学選抜の大隊長・島田ちゃんが乗るセンチュリオンが出陣してからの圧倒的な強さ。見せ場を終えた大洗連合勢に「はい出番終了ですよー」と言わんばかりにバッタバッタと倒していくw

そこで強さを見せておいて、最後の西住姉妹との決着は燃える。
大会決勝戦のⅣ号vsティーガーのタイマンで見せた戦車アクションをさらに圧倒的にした感じ。限定された空間で縦横無尽に動きまわるとこは魅入った。

決着も、みほ&Ⅳ号が犠牲になりながら、ティーガー1台を生かす。あの直前のまほ姉の表情も良い。

残機確認をするとこで審判員の見せ場もつくるとは!w

エンディングの時、西住姉妹は何を会話していたんだろうなぁ。気になる。
それぞれ帰路につく各校の様子も微笑ましく。つか、「さんふらわぁ」目立つなあwww





ほんと最高だった。
個人的に惜しいとこがあるとすれば、もう少し島田ありすを掘り下げて欲しかったというか、もう少し彼女を見たかった気がする。そうすれば終盤の無双ぶりの見方も変わるか。

無軌道に書きなぐりまくったけど、まだ語り足りない気がする。
はやく2回目を見たい。


→2回目行ってきた!の感想へ

→3回目&4回目の感想へ
→5回目・立川極爆の感想へ


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する