俺之脳髄(オレズイ)

俺の脳内はいつもこんなモノで満たされてます的ブログ。げんしけん、プリキュア、プロレスなど雑食気味デス。

プロフィール

先刻

Author:先刻
過去にとらわれ万事後ろ向き
新しいネタに弱い情弱野郎ですが
周回遅れでぬるーくオタクしてます
お気に入りは「げんしけん」。 二次創作にまで手を染めてしまい、その因果で順調に人生が狂っています。
そのほか、昭和特撮、007、プロレス、アニメ、ダメ映画、スバル車あたりが先刻を構成する主成分です。

つぶやき!

こんげつ!

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

シンプルアーカイブ

.


灼熱スイッチ fragments(高森奈津美、大橋歩夕、立野香菜子、牧野由依、藤田咲) /「ここから、かなたから」 TVアニメ「放課後のプレアデス」エンディングテーマ TVアニメ『小林さんちのメイドラゴン』OP主題歌「青空のラプソディ」(アニメ盤) 「三者三葉」キャラクターソング Vol.1 西川葉子 & 薗部 篠 TVアニメ『ろんぐらいだぁす!』ED主題歌「ハッピーアイスクリーム!」 TVアニメ「あまんちゅ!」エンディングテーマ「ふたり少女」 Gospel Of The Throttle 狂奔REMIX ver. TVアニメ『響け!ユーフォニアム2』ED主題歌「ヴィヴァーチェ!」 「ステラのまほう」オリジナルサウンドトラック TVアニメ『小林さんちのメイドラゴン』ED主題歌「タイトル未定」 TVアニメ「 ガヴリールドロップアウト 」オープニングテーマ「 ガヴリールドロップキック 」 宝箱―TREASURE BOX―/プラチナジェット(TVアニメ『SHIROBAKO』新オープニング/エンディングテーマ)(通常盤)
亜人ちゃんは語りたい(4) (ヤングマガジンコミックス) リトルウィッチアカデミア (ヤングジャンプコミックス) Spotted Flower 2 幸腹グラフィティ 第1巻 [Blu-ray] ヤマノススメの山のススメ (NEKO MOOK) 桜Trick (5) (まんがタイムKRコミックス) SHIROBAKO ~上山高校アニメーション同好会~ (1) (電撃コミックスNEXT)

検索フォーム

スマホ版QRコード

QR
  • 新日本プロレス/2015.7.20 G1 CLIMAX 25 開幕戦[A] 札幌感想

15072001011.jpg


いよいよ開幕G1クライマックス25。
今年は会場ごとにA、Bブロックを分けて開催。
今日はAブロック。

開幕から凄いもの見た!
やはり棚橋は「エース」だわ。


(以下、バレあり)

別冊カドカワ 総力特集 新日本プロレスNumber(ナンバー)882号 新日本プロレス、№1宣言。 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィックナンバー))しんにち! 1 (ジェッツコミックス)



前半戦はタッグマッチで対象ブロック外の選手が登場。

15072001017.jpg

タッグマッチで中邑のボマイエに沈んだけど、タマトンガはいつかG1参戦してほしいなあ。
体や動きのキレとか良いと思うけど。

エルガンはオカダと石井を一度に持ち上げるなど、パワーを見せつけるイイお披露目だった。
新しい怪物外人選手あらわる。今後が楽しみ!

15072001020.jpg





ついにG1のリーグ戦が幕を開ける。
今回はAブロックの5試合。

天山vsギャローズ
リーグ戦のオープニングマッチ。
「しばしこの歓声をお聞きください」は良いス。
会場の雰囲気を拾い上げる感じ。

15072001009.jpg

動きはギャローズ圧倒だったが、天山がアナコンダバイスで逆転の辛勝。
天山は動きが鈍かった。モンゴリアンや頭突きで反撃する単調な試合展開しかできず、ギャローズの隙をついたアナコンダでしか勝ちを拾えなかった。
このままでは内藤の「終わった選手」との煽りを覆せないのではないか?





真壁vs矢野
秒サツのピンチ、金的付き押さえ込み地獄など、矢野の頭脳戦を真壁が強引に叩き潰した感じ。
矢野は昨年も丸め込みで引っ掻き回しているのでまさかの勝利もあるかと思ったが…。

15072001010.jpg





内藤vsファレ
黒スーツとドクロマスク。脱いでからも黒トランクスでイメージチェンジ。内藤のやさぐれた闘い方がどんな物語を生むのか楽しみ。

15072001011.jpg15072001012.jpg

試合もファレのヒザを執拗に攻めていて、そのしつこさは良かったと思う。
ただ、最後の金的からのジャックナイフでの丸め込みは体勢が苦しかった。
そこで決まるのは意外に感じた。ヒザ攻めが生きる仕上げならまだ説得力あったか?





AJvs柴田
柴田の肘の白いテーピングが痛々しい。
それでもAJ相手に頑張ったが、場外鉄柱での蹴りの誤爆は凄い嫌な音がしたな……。

15072001003.jpg

AJの正確無比な攻撃に対して柴田の荒削りな反抗が見せ場だった。

15072001013.jpg

腕が使えないから、自分の手を噛みながらスリーパーをかけようとする執念を見せた柴田も魅せてくれた。
でもそこまで腕のケガ酷いのかと思うと心配。このまま長丁場を完走できるのか……?





棚橋vs飯伏
純プロレスで包み込む棚橋と、そこに挑む常識破りの飯伏な感じ。
好勝負だった!

15072001007.jpg15072001006.jpg


棚橋が受けの美を見せつけた。
飯伏の攻撃を受け切って相手を輝かせつつ、勝負所でドラゴンスープレックス、ハイフライで決めた棚橋。
受け切って勝利を掴む棚橋はやっぱエースと思った。
試合展開的には中邑vs飯伏のような危険な刺激は少ないけど、棚橋の醸し出す純プロレスの懐の深さがあった。

15072001015.jpg

受ける受ける言っても、棚橋もテキサスクローバーや、場外ハイフライ、ここぞのドラゴンスープレックスを繰り出した。
飯伏もコーナーへのやり投げ、エプロンからのジャーマンも出すなど、互いに持ち技を出し尽くすような攻防だった。

15072001021.jpg



試合後、最後に場外で深々と頭を下げる飯伏が印象的だった。

エアギター(2回目)の最後にギターを壊す棚橋、エプロンでホウキを使って“エアギターの破片”を片付けるジェイホワイト面白い。

15072001008.jpg

大阪でのケニーオメガのホウキ入場といい、いま、新日ではホウキが熱いwww





開幕前は、各会場でブロックを分けて開催するのは「薄味」になってつまらないのでは…?…と思ってた。
しかし、WORLDやCSで見る上では、1会場5試合の方がじっくりと各試合を観戦できて良いのではと思ったりもする。

あとタッグマッチで、石井と小島が意識しあったり、初参戦エルガンのパワーを見せつけたりして、今後のリーグ本選の期待感を煽るのも良いと思う。

以前の生観戦でも感じたけど「全部シングルマッチ」って、見る方は結構しんどい。
新規のファンにとっては単調に映る可能性もあるし、タッグマッチも交えて、ジュニアヘビーの面々も活躍することでバラエティに富んでて楽しいと思う。
今年も楽しみ!


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する