俺之脳髄(オレズイ)

俺の脳内はいつもこんなモノで満たされてます的ブログ。げんしけん、プリキュア、プロレスなど雑食気味デス。

プロフィール

先刻

Author:先刻
過去にとらわれ万事後ろ向き
新しいネタに弱い情弱野郎ですが
周回遅れでぬるーくオタクしてます
お気に入りは「げんしけん」。 二次創作にまで手を染めてしまい、その因果で順調に人生が狂っています。
そのほか、昭和特撮、007、プロレス、アニメ、ダメ映画、スバル車あたりが先刻を構成する主成分です。

つぶやき!

こんげつ!

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

シンプルアーカイブ

.


灼熱スイッチ fragments(高森奈津美、大橋歩夕、立野香菜子、牧野由依、藤田咲) /「ここから、かなたから」 TVアニメ「放課後のプレアデス」エンディングテーマ TVアニメ『小林さんちのメイドラゴン』OP主題歌「青空のラプソディ」(アニメ盤) 「三者三葉」キャラクターソング Vol.1 西川葉子 & 薗部 篠 TVアニメ『ろんぐらいだぁす!』ED主題歌「ハッピーアイスクリーム!」 TVアニメ「あまんちゅ!」エンディングテーマ「ふたり少女」 Gospel Of The Throttle 狂奔REMIX ver. TVアニメ『響け!ユーフォニアム2』ED主題歌「ヴィヴァーチェ!」 「ステラのまほう」オリジナルサウンドトラック TVアニメ『小林さんちのメイドラゴン』ED主題歌「タイトル未定」 TVアニメ「 ガヴリールドロップアウト 」オープニングテーマ「 ガヴリールドロップキック 」 宝箱―TREASURE BOX―/プラチナジェット(TVアニメ『SHIROBAKO』新オープニング/エンディングテーマ)(通常盤)
亜人ちゃんは語りたい(4) (ヤングマガジンコミックス) リトルウィッチアカデミア (ヤングジャンプコミックス) Spotted Flower 2 幸腹グラフィティ 第1巻 [Blu-ray] ヤマノススメの山のススメ (NEKO MOOK) 桜Trick (5) (まんがタイムKRコミックス) SHIROBAKO ~上山高校アニメーション同好会~ (1) (電撃コミックスNEXT)

検索フォーム

スマホ版QRコード

QR
  • Go!プリンセスプリキュア 23話感想

15071601008.jpg

23話「ず〜っと一緒!私たち4人でプリンセスプリキュア!」


いままで敵だったキャラが味方についた際、親しみを持てるようにキャラクターが軟化していく。
人はそれを「ポンコツ化」という。

出張でなかなか見ることができなかった。
新幹線の中でワンセグを駆使したけどトンネル&山また山の山陽新幹線は優しくなかった(´・ω・`)

ようやく録画を見ることができたけど…面白い!


(以下、バレあり)

Go!プリンセスプリキュアボーカルアルバム1 Go!プリンセスプリキュア キューティーフィギュア2  2個セット(食玩・ガム)Go!プリンセスプリキュア オリジナル・サウンドトラック1



トワの「気晴らし」として街に出掛ける一行。
キャラが増えたけど、ちゃんとゆいちゃんも加わっているのが良い。

トワの私服は……きららのコーディネートで、みなみがお支払いか?

15071601006.jpg



嗚呼…このキャッキャ感、最高だわ(;´Д`)

15071601003.jpg
15071601004.jpg



楽しいひとときを過ごし、心がほだされそうになると、その楽しさを拒絶するトワさん。
トワの心情は、自分の犯した罪が心の重しになり、置かれた状況を「罰」と受け止めているシリアスなものだった。

「ホープキングダムを救うまで、私は楽しい思いなどしてはいけないの」
美味しそうなドーナツを前にして駆け出すトワ。
ウエスターだったらこの時点で籠絡できたであろうにwww



一方で、コメディ的には光速でポンコツ化するトワ様に萌えまくったw
車道のど真ん中を闊歩し渋滞を生み「うかつに『城下』も歩けませんわ」とのたまう。

15071601001.jpg

さらに住宅展示場で「城」を所望する。
「贅沢は申しません。メイドは3人もいればよろしくてよ」にワロタwww

高貴な生まれが生み出すギャップが楽しい。



トワに声を掛けたのは、絵本作家であり学園長の望月先生。
優しく声を掛けてくれたその人でさえ、トワは一度自分の悪事に利用していることを憶えていた。

「この世界の人たちは、どうしてこんなに優しいのです…」が切ない。



傷ついたディスピア様がしばし休養する間、全権を任されたロックがやってくる。
ロックによって学園長の夢が閉じられ、トワは1度学園長を被害者にした「加害側」だったことをロックに責められる。

さらにゼツボーグにもう1つ錠前を足してパワーアップ。
「ちょっと角を足した感」は、ザボーガー → ストロングザボーガーへの変化を連想するw



トワを探すはるか達。
ゼツボーグを見つける場面、駆けてるきららが方向転換していく動きがリズム感よくて繰り返し見てしまう。

自分の罪が重しになっているトワ=キュアスカーレットに、満面の笑みを見せて、抱きすくめるキュアフローラ。

15071601007.jpg

「笑おう!スカーレット!」
「!?」
「嬉しいこと、楽しいこと、夢とか希望とか温かい気持ち、みんなでいっぱい作ろうよ!あいつらに何言われても笑い飛ばせるくらい、一緒に強くなろう!」


涙するスカーレット。
嗚呼なんてキマシタワー。
罪を詫びるものと、それを許すものの姿って、絵本の「花のプリンセス」での詫びる鳥と許す姫の姿とだぶる。

15071601002.jpg



そして4人での名乗り!
スカーレットさんは「Go!」パート担当だったw

15071601005.jpg


退却した後にロックが何かデカくなったんですけど……(´・ω・`)
「不遜な少年」の姿だから良かった気がするんだけどなあ…。


ラスト、絵本作家=学園長であることが明らかになる。
トワを学園に受け入れることに。
正体不明、国籍不明の未成年を学園生として受け入れるのってアリなのだろうか。
果たして、どこまでトワの事情を理解しているのか?

15071601008.jpg

トワのポンコツ化で笑わせながらも、その贖罪の気持ちはかなり重いものだった。
それを受け入れるはるか達のまっすぐさも心地よい。

いつも思うけど今年はシリーズ構成が上手いというか面白いね。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する