俺之脳髄(オレズイ)

俺の脳内はいつもこんなモノで満たされてます的ブログ。げんしけん、プリキュア、プロレスなど雑食気味デス。

プロフィール

先刻

Author:先刻
過去にとらわれ万事後ろ向き
新しいネタに弱い情弱野郎ですが
周回遅れでぬるーくオタクしてます
お気に入りは「げんしけん」。 二次創作にまで手を染めてしまい、その因果で順調に人生が狂っています。
そのほか、昭和特撮、007、プロレス、アニメ、ダメ映画、スバル車あたりが先刻を構成する主成分です。

つぶやき!

こんげつ!

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

シンプルアーカイブ

.


灼熱スイッチ fragments(高森奈津美、大橋歩夕、立野香菜子、牧野由依、藤田咲) /「ここから、かなたから」 TVアニメ「放課後のプレアデス」エンディングテーマ TVアニメ『小林さんちのメイドラゴン』OP主題歌「青空のラプソディ」(アニメ盤) 「三者三葉」キャラクターソング Vol.1 西川葉子 & 薗部 篠 TVアニメ『ろんぐらいだぁす!』ED主題歌「ハッピーアイスクリーム!」 TVアニメ「あまんちゅ!」エンディングテーマ「ふたり少女」 Gospel Of The Throttle 狂奔REMIX ver. TVアニメ『響け!ユーフォニアム2』ED主題歌「ヴィヴァーチェ!」 「ステラのまほう」オリジナルサウンドトラック TVアニメ『小林さんちのメイドラゴン』ED主題歌「タイトル未定」 TVアニメ「 ガヴリールドロップアウト 」オープニングテーマ「 ガヴリールドロップキック 」 宝箱―TREASURE BOX―/プラチナジェット(TVアニメ『SHIROBAKO』新オープニング/エンディングテーマ)(通常盤)
亜人ちゃんは語りたい(4) (ヤングマガジンコミックス) リトルウィッチアカデミア (ヤングジャンプコミックス) Spotted Flower 2 幸腹グラフィティ 第1巻 [Blu-ray] ヤマノススメの山のススメ (NEKO MOOK) 桜Trick (5) (まんがタイムKRコミックス) SHIROBAKO ~上山高校アニメーション同好会~ (1) (電撃コミックスNEXT)

検索フォーム

スマホ版QRコード

QR
  • Go!プリンセスプリキュア 5話感想

15030201005.jpg

5話「3人でGO!私たちプリンセスプリキュア!」


イイ話だった。
ますます天ノ川きららのキャラに惹かれる。
ラストに3人がお互いを苗字でなく名前で呼び合うとこは悶えたw

ちょっとだけ感想。


(以下、バレあり)






15030201001.jpg

プリキュアで職業(芸能)の世界に生きたり、生きようとした先輩は数人いましたな。
アイドル扱いだけど女優志願だったり、読者モデルから更に上昇志向あったり、バリバリのトップアイドルだったり…。
でも[芸能>プリキュア]とハッキリ明言してた人は、mktnが一度オーディション優先したくらい(「美希の夢私プリキュアやめる!!」)で、過去なかったのでは?


15030201011.jpg



今回は…、
 きらら、モデル業が忙しいのでプリキュアやらない
→どんだけ忙しいかはるかが同行して体験
→きららの夢の向こうにモデルの母の存在
→その姿勢を理解してなお素直なはるはるに惹かれるきらら
→身を引かれてしまうとちょっと寂しい
→ゼツボーグ出現
→オーディションも合格
→きらら駆け出す……

という流れ。いい話だった。


15030201002.jpgキリッ(w

プリキュアになるため駆けつけたきらら。
でも妖精が、「プリキュアにはならないって言ったはずロマ!」と簡単にパフュームとキーを渡さないところがイイ。

それに対する「モデルの夢は変わらない。でも同じくらい大切なものができたの!」には(´;ω;`)ブワッときた。


はるかは、自分のことのように喜んでくれる友達。
プリキュアにならないことを聞いても、モデルの夢を応援してくるその姿勢が、きららの心を動かした。
きららの揺れを、独りでいるカットや、みなみときららの間ではるかについて話していたシーンを通じて丁寧に描いてた。

15030201007.jpg

「はるはるって変な子だよね。クラスのみんなは、あんなじゃなかったよ」が象徴的。



今回もクローズさんによって、そこら辺にいた男子がゼツボーグにされてしまった……今回は理数系だったがw

トゥインクルが登場してゼツボーグ撃退。毎回連続で失敗続きのクローズさんに、ついにボスの声が……。
榊原良子さんじゃないか!
ついにハマーン様がラスボスに!
なんか勝てる気がしないwww



ラストは悶絶ものだった。
夕焼けを背景にして、はるかに、オーディションに合格したことを告げるきらら。
「どうしたの。応援してくれるんでしょ?…だったら、一緒に喜んでよ」

15030201003.jpg

ここのデレがたまらんのよおおおおお!



プリキュアも「手伝う」と決めたきらら。

15030201006.jpg

「そんな訳でよろしく。はるはる、みなみん」
「み…みなみん…」
「私のニックネームらしいわ」←この冷静さもいい
「ず…ずるい。私も“みなみさん”って呼んでいいですか!?」
「…それなら、わたしも“はるか”と…」
「好きに呼べばいいんじゃないの。友達なんだし」
「みなみさん!」
「はるか」
「えへへへ」←緩み顔最高w

15030201010.jpg

たまらん…たまらんわ…
入学時はまったく接点の無かった3人が友達になり、これから友情を深めながら1年間青春し闘っていくわけで。ついにそのスタートラインに立ったのか。



最初期こそ、はるかのふわふわっとした感じに慣れなかったし、最初の仲間であるみなみは年上であり調停型であって行動ははるかに引っ張られる感じだった。前回から歴代にないタイプの性格とアクティブさを持つきららが出てきたことで、それに比してはるかもみなみも魅力が増して、刺激し合う3人がますます生き生きとして見えるような気がした。

15030201009.jpg

そんなわけで、もう少し見て見よう(←毎年のことw



あと今回登場したオーディションのデザイナーさん、実際にシャネルなどの世界的デザイナーさんがモデルらしい。普通の幼女なら気付きもしない、このあたりのモチーフ採取に今回のプリキュアの女の子向けの本気度が見え隠れしてるかも。



ちなみに、きららのお母さん(の髪型)が黄瀬やよいに似てて、いつじゃんけんするのかと……。

15030201008.jpg









スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する