俺之脳髄(オレズイ)

俺の脳内はいつもこんなモノで満たされてます的ブログ。げんしけん、プリキュア、プロレスなど雑食気味デス。

プロフィール

先刻

Author:先刻
過去にとらわれ万事後ろ向き
新しいネタに弱い情弱野郎ですが
周回遅れでぬるーくオタクしてます
お気に入りは「げんしけん」。 二次創作にまで手を染めてしまい、その因果で順調に人生が狂っています。
そのほか、昭和特撮、007、プロレス、アニメ、ダメ映画、スバル車あたりが先刻を構成する主成分です。

つぶやき!

こんげつ!

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

シンプルアーカイブ

.


灼熱スイッチ fragments(高森奈津美、大橋歩夕、立野香菜子、牧野由依、藤田咲) /「ここから、かなたから」 TVアニメ「放課後のプレアデス」エンディングテーマ TVアニメ『小林さんちのメイドラゴン』OP主題歌「青空のラプソディ」(アニメ盤) 「三者三葉」キャラクターソング Vol.1 西川葉子 & 薗部 篠 TVアニメ『ろんぐらいだぁす!』ED主題歌「ハッピーアイスクリーム!」 TVアニメ「あまんちゅ!」エンディングテーマ「ふたり少女」 Gospel Of The Throttle 狂奔REMIX ver. TVアニメ『響け!ユーフォニアム2』ED主題歌「ヴィヴァーチェ!」 「ステラのまほう」オリジナルサウンドトラック TVアニメ『小林さんちのメイドラゴン』ED主題歌「タイトル未定」 TVアニメ「 ガヴリールドロップアウト 」オープニングテーマ「 ガヴリールドロップキック 」 宝箱―TREASURE BOX―/プラチナジェット(TVアニメ『SHIROBAKO』新オープニング/エンディングテーマ)(通常盤)
亜人ちゃんは語りたい(4) (ヤングマガジンコミックス) リトルウィッチアカデミア (ヤングジャンプコミックス) Spotted Flower 2 幸腹グラフィティ 第1巻 [Blu-ray] ヤマノススメの山のススメ (NEKO MOOK) 桜Trick (5) (まんがタイムKRコミックス) SHIROBAKO ~上山高校アニメーション同好会~ (1) (電撃コミックスNEXT)

検索フォーム

スマホ版QRコード

QR
  • 新日本プロレス/2015.1.4 WRESTLE KINGDOM9 in TOKYO DOME感想(2)

14010403016.jpg


NJPW WORLDで視聴。
第6試合~メインイベントの感想を書いてみた(→前半戦はこちら→第0試合はこちら)。

ダブルメインイベントの2試合はどっちも凄かった。それぞれ別方向に凄い試合を見せてくれた感じだった。
正月の親戚の集まりのために生配信を見ることができなくて、4日の夜から、NJPW WORLDの前日のプロレス祭りとか、会場設営動画を見てから本戦を見始めたので、メイン2を見終わったのは5日の午前5時だった(´・ω・`)

でもいい大会だったので、眠くはないぜw

(以下、バレあり)





第6試合 IWGPジュニアヘビー級選手権 田口 vs ケニーオメガ。
思えば2人ともキャラ変わったなあw

14010403022.jpg

田口がんばってた。ケツ、アンクルホールド、どどん……翼ポーズも見せるなど奮闘してたけれど、最後は片翼の天使が決まってケニー勝利。その前の投げっぱなしドラゴンスープレックスのスピードが恐ろしかった。

14010403014.jpg



第7試合 IWGPタッグ選手権 アンダーソン&ギャローズ vs 柴田&後藤。

14010403011.jpg

JJに続いて、アンギャロも金髪のおねいさんがセコンドについてたけど、実況は「ギャローズがマイワイフだとか言ってた」とのこと。結構年いってる印象だ。
マリアケネリスの大ウケからだとしたら、超えられることのない本家マリア様の偉大さが感じられるなw

14010403023.jpg

後藤と柴田がギャローズを2人で牛殺しする時の「オラ柴田!いくぞー」「あいよー!」のかけ声が楽しい。ギャローズは強い、強いだけに、立て続けの連携攻撃とアンダーソンを分断してのフィニッシュは燃えた。
少し浪花節を加味した男臭さと微笑ましさ、いいタッグチームだなあw



第8試合 AJスタイルズ vs 内藤。
内藤のテーマ曲好きなんだけど、この曲はいつも、入場時にいちいち囲み付きで曲名紹介されるけど何故だろう?
AJは白青コスチュームもいいな。つうか何でもカッコイイんだなw

14010403021.jpg

途中、AJのネックブリーカー、内藤のジャーマン、互いに気合いの入り方が影響しているのか技が崩れ気味の時があってヒヤリとした。AJの膝攻めでギブアップ寸前になったり、ブラディサンデーで追い込まれた内藤。膝のダメージが怖い。

内藤が吠えて逆襲、コーナートップにAJを据えて雪崩式フランケンか……と思ったとこで、まさかの雪崩式スタイルズクラッシュ!
これは怖い。
体を抑えられてスタイルズクラッシュの体制に入られた時の内藤の驚きと絶望の入り交じったような表情が印象的だった。

内藤はここぞというとこで負けちゃうよなぁ(´・ω・`)浮上しそうで沈んでいく。



ダブルファイナル1
IWGPインターコンチネンタル選手権 飯伏 vs 中邑。
入場時に思いっきりステージに飛び出てきた飯伏、昔紅白にシャランQでてきた時のつんくの飛び出しっぷりを思い出した。

14010403024.jpg14010403035.jpg

そして中邑の入場が凄い。
入場だけで、良い意味のショーとして満足させてくれる。

14010403025.jpg14010403007.jpg

まさにキングな衣装とその立ち居振る舞い、海外PPVを見てる海外の視聴者にはどんな風に映っていたのか知りたいw
個人的にはThe Kingジェリー・ローラーの日本版(だけど本家よりイカレタ王様)な感じで凄いテンション上がった。

静かな立ち上がりからいきなりテンション上げてくるし、両者ともに技も仕草もどっかイカレテル感じだから目が離せない。
エプロンの飯伏への執拗な蹴り、キレた飯伏の反撃という過去の名場面見せながら、飯伏の正拳を飛びつき十字という新展開も見せる。

14010403026.jpg

掟破りのボマイエのスピード凄い。さらにキレた飯伏の殴る蹴る、中邑もエゲツナイ打撃で応酬するとか凄惨な感じになってくる。スワンダイブ式のジャーマンとか、何だコレって笑うしかないよw

14010403004.jpg14010403003.jpg

ここまでやったら飯伏に獲らせてあげたいとこだったけど、常軌を逸した攻めを凌いだ中邑が勝利。フィニッシュ直前のボマイエ相打ちは凄い燃えた。
とんでもねえ試合だった。

マイク持った中邑、
「真っ白だ…真っ白な灰に……」
あかん、これ「あしたのジョー」ネタで死亡フラグだよ、と思ったら、「ウッソー!!」ときたwww

14010403001.jpg

見事なイヤァオ!締めだった。
あと退場する中邑の後ろで、飯伏を介抱するマイケル確認。



ダブルファイナル2
IWGPヘビー級選手権 オカダ vs 棚橋。

14010403013.jpg14010403008.jpg

常識を超えたエゲツナイ試合のセミ・中邑飯伏戦に対して、こちらは安定感の中に驚きがあった感じ。
プロレスを超えるかのようにとことんはっちゃけたセミに対して、プロレスの範疇(バランス)をしっかり守りながら名勝負を展開した棚橋オカダ戦は、やはりメインイベントに相応しい。

その中でもオカダは棚橋の序盤のセカンドロープからのサンセットフリップに行かせないなど、予定調和を崩しにいき、花道でのヘビーレインなど、通常技の中でキツイ攻めを見せる。
棚橋も場外への長距離のハイフライフローを見せる。

14010403030.jpg14010403031.jpg



勝負を決めにいった棚橋のハイフライ→ツームストン→ハイフライ2連発をオカダがキックアウト!
計3発の正調ハイフライを受けて返す。
さらに棚橋の掟破りのレインメーカーをオカダがかわしてレインメーカーを決めるが棚橋がキックアウト。

お互いにフィニッシュが返されることで、どう決まるのか分からなくさせてからのダルマ式、ジャーマン、ドラゴン、ドロップキックなどを繰り出す攻防での会場の沸き方と、結末がどう転ぶか分からないスリリングな展開を見せて面白かった。
最後、エプロンからのドラゴンスクリューでオカダをロープ際に足止めしておいてのハイフライは結構エゲツナイ。一度キックアウトされてもあくまでハイフライで押し通った。
(※試合後のインタビューで棚橋は、拮抗した試合作りをしてしまう自分を抑えて、敢えて差を示そうとしたという話をしている。オカダを跪かせた終盤の張り手連打もそうだが、過去の中邑戦のように「次の決め手としてのドラゴンスープレックス」ではなく「敢えてハイフライフロー」で決めるというのも、その意図が反映されたか)

14010403009.jpg



オカダが泣いた。号泣しててびっくり。
棚橋が投げかける「オカダ、悔しいか!」「IWGPは遠いぞ!」の言葉。勝者と敗者のコントラスト良かった。
一度、泣くほどに落ちて、そっからの再起の物語を期待したい。

14010403010.jpg14010403034.jpg



正調プロレスの中で出せるものを出した感じの試合で満足感高かった。1こ難点があるとすれば棚橋はマイクアピールも予定調和すぎることかw
もっと飛ばしたことを言ってもいいと思うし、オカダにかける言葉として「IWGPは遠いぞ!」も互いに言い合ったフレーズで良いんだけど、もうひと声、次につなげていくために、這い上がって来い的なものがほしかった。(※一部撤回:戦後の会見での一問一答はやっぱり優等生的だけど、狙いや思いが丁寧に伝わって面白かった)

それでも最後の数万のファンと一体になった「愛してます」はドームの締めとして最高だったと思う。

14010403020.jpg



前半で試合展開が短かったモノもあるけど、この1.4ドームをスタートにして1年間のドラマがまた始まるんだなと思った。
今年1年の期待感上がった!

→前半戦はこちら→第0試合はこちら





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する