俺之脳髄(オレズイ)

俺の脳内はいつもこんなモノで満たされてます的ブログ。げんしけん、プリキュア、プロレスなど雑食気味デス。

プロフィール

先刻

Author:先刻
過去にとらわれ万事後ろ向き
新しいネタに弱い情弱野郎ですが
周回遅れでぬるーくオタクしてます
お気に入りは「げんしけん」。 二次創作にまで手を染めてしまい、その因果で順調に人生が狂っています。
そのほか、昭和特撮、007、プロレス、アニメ、ダメ映画、スバル車あたりが先刻を構成する主成分です。

つぶやき!

こんげつ!

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

シンプルアーカイブ

.


灼熱スイッチ fragments(高森奈津美、大橋歩夕、立野香菜子、牧野由依、藤田咲) /「ここから、かなたから」 TVアニメ「放課後のプレアデス」エンディングテーマ TVアニメ『小林さんちのメイドラゴン』OP主題歌「青空のラプソディ」(アニメ盤) 「三者三葉」キャラクターソング Vol.1 西川葉子 & 薗部 篠 TVアニメ『ろんぐらいだぁす!』ED主題歌「ハッピーアイスクリーム!」 TVアニメ「あまんちゅ!」エンディングテーマ「ふたり少女」 Gospel Of The Throttle 狂奔REMIX ver. TVアニメ『響け!ユーフォニアム2』ED主題歌「ヴィヴァーチェ!」 「ステラのまほう」オリジナルサウンドトラック TVアニメ『小林さんちのメイドラゴン』ED主題歌「タイトル未定」 TVアニメ「 ガヴリールドロップアウト 」オープニングテーマ「 ガヴリールドロップキック 」 宝箱―TREASURE BOX―/プラチナジェット(TVアニメ『SHIROBAKO』新オープニング/エンディングテーマ)(通常盤)
亜人ちゃんは語りたい(4) (ヤングマガジンコミックス) リトルウィッチアカデミア (ヤングジャンプコミックス) Spotted Flower 2 幸腹グラフィティ 第1巻 [Blu-ray] ヤマノススメの山のススメ (NEKO MOOK) 桜Trick (5) (まんがタイムKRコミックス) SHIROBAKO ~上山高校アニメーション同好会~ (1) (電撃コミックスNEXT)

検索フォーム

スマホ版QRコード

QR
  • ハードヒット/2014.8.23 新木場1stRING

14090401005.jpg


新日本プロレスのG1クライマックスを見まくった後、気分転換的に他団体の2つの大会を視聴。
DDTの両国大会をサムライTVの録画で、そのDDTの流れで佐藤光留が主宰するハードヒットを二コプロのタイムシフトで見た。

今回はハードヒットを主に、ちょっとだけ感想。



佐藤光留の笑わせてくれる挨拶から始まって、グラップリングルールで、打撃技なし3カウントフォールなしギブアップ・TKO決着のUWF的なルールの試合を展開。

14090401001.jpg



……一見硬派で地味かと思いきや、1試合目から素早いタックル、関節を取り合って目まぐるしく体を入れ替えていくスピーディーな攻防とか、目が離せない感じで面白かった。

14090401002.jpg

各選手のキャラクターも楽しくて感情移入しやすかったし、派手な入り方の技もパッと飛び出して驚かされたりするなど、真面目な攻防とプロレスらしいケレン味や笑いのバランスがとても良かった。



新日では「飯伏のセコンド」の中澤マイケルも真面目にレスリングしてて、DDTで見せるようなベノムアーム(タイツの下のパンツを巧みに脱いでソレつかってアイアンクロー)をいつ見せるのかヒヤヒヤしたw
この時、対戦相手の鈴木慎吾の腕十字の入り方がカッコ良かった!

14090401003.jpg

あとタッグマッチに登場したシバターが入場から試合展開から決着までとても可笑しかった。散々苦戦した後、ようやくパートナーにタッチするチャンスを得たのに、倒れてダメージありそうな相手を見て欲を出してトドメを刺しにいって返り討ちという…www

14090401004.jpg ←迷ってる図w



岩本煌史の見せた投げっぱなしジャーマン(決まり方が凄かった)や鈴木秀樹のビル・ロビンソンの弟子らしいダブルアームとか驚かされた。

14090401006.jpg



タッグでDDTのHARASHIMAと全日の鈴木鼓太郎の遭遇も見られて、しかも関節攻防が巧みでテンション上がった。

14090401007.jpg



メインは開会前のダークマッチから始まった1dayトーナメントの決勝で、岩本煌史が優勝。本人の挨拶では、この夏、自分たちのメインのリングが閉鎖となり、試合に飢えた状態でこの日を迎えたことや、そんな中で3試合を闘えた幸せを語っていて、凄いグッときた。

14090401008.jpg

今年の夏、G1クライマックスでビッグマッチを連発で見るだけななく、夏の終わりにこういうじっくりと攻防を「魅せて」くれる大会を見ることができたのは幸せだった。
マイナーな、インディーな、小さな大会もネットで見ることができるようになったことが感慨深い。


また、自分がよく見る新日も、ヤングライオン同士の試合をどんどん組んで見せて欲しいと思った。
派手な攻防を抑えたしのぎ合いを見たい。
そして、昔、ヤングライオンだった橋本や天山を応援して、彼らがデカくなったのを感慨深く見ていたように、今のヤングライオンが成長するところをもっと見てみたい。ネットや多チャンネルの今ならそれが身近にできるだろうなあと思うのデス。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する