俺之脳髄(オレズイ)

俺の脳内はいつもこんなモノで満たされてます的ブログ。げんしけん、プリキュア、プロレスなど雑食気味デス。

プロフィール

先刻

Author:先刻
過去にとらわれ万事後ろ向き
新しいネタに弱い情弱野郎ですが
周回遅れでぬるーくオタクしてます
お気に入りは「げんしけん」。 二次創作にまで手を染めてしまい、その因果で順調に人生が狂っています。
そのほか、昭和特撮、007、プロレス、アニメ、ダメ映画、スバル車あたりが先刻を構成する主成分です。

つぶやき!

こんげつ!

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

シンプルアーカイブ

.


灼熱スイッチ fragments(高森奈津美、大橋歩夕、立野香菜子、牧野由依、藤田咲) /「ここから、かなたから」 TVアニメ「放課後のプレアデス」エンディングテーマ TVアニメ『小林さんちのメイドラゴン』OP主題歌「青空のラプソディ」(アニメ盤) 「三者三葉」キャラクターソング Vol.1 西川葉子 & 薗部 篠 TVアニメ『ろんぐらいだぁす!』ED主題歌「ハッピーアイスクリーム!」 TVアニメ「あまんちゅ!」エンディングテーマ「ふたり少女」 Gospel Of The Throttle 狂奔REMIX ver. TVアニメ『響け!ユーフォニアム2』ED主題歌「ヴィヴァーチェ!」 「ステラのまほう」オリジナルサウンドトラック TVアニメ『小林さんちのメイドラゴン』ED主題歌「タイトル未定」 TVアニメ「 ガヴリールドロップアウト 」オープニングテーマ「 ガヴリールドロップキック 」 宝箱―TREASURE BOX―/プラチナジェット(TVアニメ『SHIROBAKO』新オープニング/エンディングテーマ)(通常盤)
亜人ちゃんは語りたい(4) (ヤングマガジンコミックス) リトルウィッチアカデミア (ヤングジャンプコミックス) Spotted Flower 2 幸腹グラフィティ 第1巻 [Blu-ray] ヤマノススメの山のススメ (NEKO MOOK) 桜Trick (5) (まんがタイムKRコミックス) SHIROBAKO ~上山高校アニメーション同好会~ (1) (電撃コミックスNEXT)

検索フォーム

スマホ版QRコード

QR
  • 新日本プロレス/2014.8.8 G1 CLIMAX 24 横浜(録画視聴)

帰省後にテレ朝ch2の中継を録画視聴。
去年に続いて放送席ゲストに中山雅史氏が登場。しゃべり上手いわプロレス好きが伝わってきて好感w
ゲストとしてはとてもいい人選ではないかと。

見た中で印象的なものをちょっとずつ。






本間 vs ベンジャミン……、本間は結局10戦全敗だった(´・ω・`)
でも各会場を沸かせてた。
「こけしが成功するかどうか」だけでも見せ場になるのだから、代打・本間で良かったんだなあと思った。
勝てなかったけど株を上げたように思う。


優勝争い、Aブロックは中邑がファレを下して先にトップに立って、棚橋の試合結果待ち。
棚橋の相手はデイビーボーイスミスJrで、パワーでスミスに押されながらも最近決め手になっている丸め込み系を狙う棚橋。このクレバーな戦い方でほぼ「棚橋決勝進出」を確信していたんだけれども、まさか負けるとは。
これで中邑が得点トップ(16)で決勝進出。


Bブロックは、先にAJスタイルズが真壁を倒して16点、メインでオカダが勝って16点で同点。直接対決の結果からオカダの進出になった。ケイオス対決。

オカダの最後の対戦相手は鈴木みのるだった。
このG1で鈴木はゴッチ式パイルドライバーよりも、逆落としとスリーパーで試合を決めてきたけれど、まさか自分が温存してたゴッチ式をオカダに喰らわされるとは。鈴木はAJ戦をはじめ、中盤以降に凄く存在感を増してただけに、初日のvs矢野戦の黒星が本当に惜しい。序盤をクリアできてたら最後まで優勝争いできてたろうになと思った。


決勝戦関連は置いといて(置いとくんかw)今回もっとも気になったのは永田 vs 石井。
なんでやー!? って感じだったのでw

大会通してコンディションが良かった永田が、満身創痍の石井に負けるとか……!!
贔屓の引き倒しの気分も正直あるけれど、試合も永田さん攻勢だと思ったし、試合後も元気そうじゃないかw


試合自体は録画視聴だったけども、帰省しながらオンタイムで結果を知った時にはガックリした。
プロレス的に今は石井を推す時なのか?
第三世代の無駄遣いじゃないのか?
第一、今の石井のコンディションでそんな説得力あるのか。

なーんか納得いかねー…と、思っていた。
その不満は、後で見た西武ドーム大会を見た時、更に悶々とすることになる(→決勝に続く)。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する