俺之脳髄(オレズイ)

俺の脳内はいつもこんなモノで満たされてます的ブログ。げんしけん、プリキュア、プロレスなど雑食気味デス。

プロフィール

先刻

Author:先刻
過去にとらわれ万事後ろ向き
新しいネタに弱い情弱野郎ですが
周回遅れでぬるーくオタクしてます
お気に入りは「げんしけん」。 二次創作にまで手を染めてしまい、その因果で順調に人生が狂っています。
そのほか、昭和特撮、007、プロレス、アニメ、ダメ映画、スバル車あたりが先刻を構成する主成分です。

つぶやき!

こんげつ!

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

シンプルアーカイブ

.


灼熱スイッチ fragments(高森奈津美、大橋歩夕、立野香菜子、牧野由依、藤田咲) /「ここから、かなたから」 TVアニメ「放課後のプレアデス」エンディングテーマ TVアニメ『小林さんちのメイドラゴン』OP主題歌「青空のラプソディ」(アニメ盤) 「三者三葉」キャラクターソング Vol.1 西川葉子 & 薗部 篠 TVアニメ『ろんぐらいだぁす!』ED主題歌「ハッピーアイスクリーム!」 TVアニメ「あまんちゅ!」エンディングテーマ「ふたり少女」 Gospel Of The Throttle 狂奔REMIX ver. TVアニメ『響け!ユーフォニアム2』ED主題歌「ヴィヴァーチェ!」 「ステラのまほう」オリジナルサウンドトラック TVアニメ『小林さんちのメイドラゴン』ED主題歌「タイトル未定」 TVアニメ「 ガヴリールドロップアウト 」オープニングテーマ「 ガヴリールドロップキック 」 宝箱―TREASURE BOX―/プラチナジェット(TVアニメ『SHIROBAKO』新オープニング/エンディングテーマ)(通常盤)
亜人ちゃんは語りたい(4) (ヤングマガジンコミックス) リトルウィッチアカデミア (ヤングジャンプコミックス) Spotted Flower 2 幸腹グラフィティ 第1巻 [Blu-ray] ヤマノススメの山のススメ (NEKO MOOK) 桜Trick (5) (まんがタイムKRコミックス) SHIROBAKO ~上山高校アニメーション同好会~ (1) (電撃コミックスNEXT)

検索フォーム

スマホ版QRコード

QR
  • 革命機ヴァルヴレイヴ12話感想

12話「起動する異端者」


あー、これで1期が終わりか。
凄い勢いで振り回してくれたネタアニメだが、2期が伏線回収と収束に終始したら嫌だな…w
どうせだから、このテンションで次も走りきってほしかったり。

130630004

関連記事
スポンサーサイト
  • アニメ・げんしけん二代目第1話先行上映会

「げんしけん二代目」のアニメ第1話の先行上映に当選したので、秋葉原まで行ってきましたヨ。



写真の左の高いビル(秋葉プラザ)へ。


130629001



先行上映は昼と夕方の2回行われたけど、1回に80人くらいが参加。
自分は1回目。待ち合う場所が狭くて暑かった。

開場が近くなったら整理番号順に並んで待ち、10分ほど入場。整理券番号が若くてヨカッタ。



入場時、軽い手荷物検査(カバンの中を見せる程度)があった。
ふと自分の脳裏によぎったのは……1週間前の池袋でバール持った奴が乱入して上映中止になったって事件……ではなく、コミケ帰りのため同人誌でパンパンになったカバンを見せなければいけなかった去年の新日本プロレスG1決勝戦での入場前検査だったりする(´・ω・`)



130629002



キングレコードのお兄さんが諸注意事項を説明。
ふと自分の脳裏によぎったのは……キングレコードって言ったら、80年代にLPレコードの「SF特撮映画音楽全集」を聞きまくり、映像ソフトも十分に無い時代に大変お世話になったなあと。そういえば大槻ケンヂの「特撮」はキングレコードだったかとか……激しくどうでもいい。




諸注意の後、さっそく上映開始。

第1話は、Aパートが原作での56話、Bパートが57話になっていて、サブタイトルは原作57話の「道のむこう、約束の場所」になってた。



ファーストカットはオリジナルで、原作では部室で荻上、大野、朽木の会話だったのが、学内〜サークル棟を歩くスーの姿(背中、肩)に3人の会話をかぶせてた。



自分の中では1期2期の前の声優さんのイメージは消してマッサラで臨んだけれど、最初は「荻上も大野さんも、声が若いなあ」とか「クッチー声がかっこ良すぎねえかw」とか思ったりして。
そう感じたのは姿を見せずにセリフだけで進めたのもあるかも。

でもすぐに慣れた。



荻上がサークル勧誘のためにイラスト実演をする、そのペン先が動くとこからOP曲が掛かるけど、そこが結構期待感が増して、妙にワクワクしたw

概ね原作どおりに進むけど、序盤クッチーが前年のサークル勧誘時の大暴れに関して、コス衣装窃盗を阻止したことに言及してたり、スーのテリーマンガールコスを撮影した時にスマホになってたり、細かいとこで変わってたとこもチラホラ。



クッチーはニョロニョロと良く動いてたw



スーは可愛かった!!!

矢島&吉武が部室にきた際、スーが戦場ヶ原さんのセリフをつぶやくとこではテレビの画面にガハラさんの姿が映ったようにも見えたが…。



斑目さんの「声」変更は、前の人が特徴的だったんであの声に慣れていて、変わったこと自体にショックはあったけど、自分は初見で普通に受け入れられた。
まあ、前期とは期間が離れてるし。
また、前の人の声は、痛くまくしたてるのに適していて原作初期の「マムシ」に向いてると思えば、卒業後に仕事に流されてほやーっとしてる現在の斑目には、今回くらい落ち着いた声でもいいのかなと思ったりしてる。



まー、細かなツッコミ所は本放送にとっておいて。
所々で会場から笑いが漏れ、自分も終始ニヤニヤしながら見てた。



あと、エンディング曲の「アオくユレている」は、試写見るまでは軽い感じだなあとか思っていた(1期、2期のed曲のイメージもあって)けど、「絵付き」で見るとイメージ変わった。
ツイッタでもつぶやいたが、授業風景、学食、サークル棟などの学内の生活感と、最後に「誰もいない部室」を出してきやがったから、青春ソング感がマシマシでズルイんだよw



上映後に、山本希望さん(荻上千佳)、内山夕実さん(矢島美怜)、上坂すみれさん(吉武莉華)、加隈亜衣さん(波戸ちゃん)がステージに登って挨拶。

ご本人たちもアフレコ時には未完成だった本編を見ての感想を披露。

普通のドラマのような会話のテンポの良さであるとか、

細やかなオタネタであるとか、

矢島の髪色が明るいことが意外で大学デビュー狙って染めたに違いないとか、

山本さんがドヤ顔キャラであるとかw、

作中の荻上のイラスト実演で最初はどこから描いたのかとか、

エンディングのレコーディングの話だとか、

実際に「現視研」と名の付く大学サークルにいた人が会場に居て驚くとか、

エンディングで女子キャラが1人1人出てくるカットのラストが矢島であることはある種のオチだとか(これは確かに「最後お前かーw」と思った)、

楽しくトークされてた。



続いて上坂すみれさんが主題歌「げんし、女子は、たいようだった。」を熱唱。
気付いたら会場内で“赤い光”がガンガン揺れてた。サイリュームとかライトが……わしは声優さんが歌う場に居合わせるのはたぶん初めてなんで驚いたけど、途中からは一緒になって拳振上げてたw



最後に再び4人が登壇して、今後の抱負とか挨拶して終了ー。
退場時にクリアファイルをもらったデス。


130629003



そういえば、次回予告(1期やくじアンなどと同じメタ的なトーク)は流れなかった。
これは放送を楽しみにしておこう。



<帰宅後の話>
小4のムスメが一番好きなガルパンのキャラは「ブリザードのノンナ(cv上坂すみれさん)」である。

ムスメはお姉さんぽいキャラが好きなんだな。ひだまりスケッチのヒロさん、けいおんの澪、Aチャンネルのユー子、咲の原村のどっち、で、最近はノンナ。

なので、今日の夕食時に「ノンナの声の人が出てきて歌もうたったよー」と報告したら「いいなあぁぁぁ!」と、激しく、激しくウラヤマシがられたのであったw



関連記事
  • UCCブラック無糖のオマケ(最強の陸自コレクション)

UCC「BLACK無糖」のオマケが「最強の陸自コレクション」と知り、慌てて買ってきた。

130628000



近所のコンビニでは20円引きクーポン付けてくれたので助かった。
まずは、どうしても欲しいブツから2本(2台)購入。

130628005

74式戦車と10式戦車。
61式も欲しかったけどお店に無かった(´・ω・`)



130628004

74式〜。
84ゴジラや平成ガメラに登場したりしてるけど、それ以前からこのシルエットのカッコヨサが好き。
特に砲塔部の形状やサーチライトに惚れる。



130628003

10式〜。
…と言えば蝶野亜美一等陸尉w
大洗女子学園学園長のフェラーリを粉砕した。
DVD「よくわかる陸上自衛隊」で見せた能力が、戦車素人の自分には凄いショックだったw



130628002

おしり〜。



130628001

同シリーズの車両はどれもカコイイので、87式自走高射機関砲と61式戦車は欲しいな。





関連記事
  • はじめての プリキュアえほん

幼児向けのプリキュア絵本が出るらしい。

はじめての プリキュアえほん1 わすれもの (はじめてのプリキュアえほん 1)はじめての プリキュアえほん1 わすれもの (はじめてのプリキュアえほん 1)
(2013/06/28)
摘木 葉枝芽、にあ・れい&ひろ・かねこ 他

商品詳細を見る


はじめての プリキュアえほん2 あぶないよ (はじめてのプリキュアえほん 2)はじめての プリキュアえほん2 あぶないよ (はじめてのプリキュアえほん 2)
(2013/06/28)
摘木 葉枝芽、にあ・れい&ひろ・かねこ 他

商品詳細を見る



よくあるタイプのストーリーを追った“まんが絵本”ではなく、しつけやお約束につながる幼児用教育絵本。
ついにプリキュアもそういうキャラクターになったのか。
ディフォルメされた歴代プリキュアが出てくるから、キャラクターをより「長生き」させるには良い使い方かもしれない。



さすがにウチのコドモらは、そんな年齢ではないので買わないなぁ。

でも、もやしもんの「きんのオリゼー 手をあらおう」は買ったなw









関連記事
  • ドキドキ!プリキュア21話とか

仕事したり原稿したりバタバタしてじっくりプリキュアも見られない(←普通の大人は見ない)。



21話も録画視聴だったけど……凄いヨカッタ。
やっぱプリを切ることは出来ぬ。

130626003



前回ラストでまるで「連れ去られヒロイン」のような退場の仕方をしたレジーナが、ついに人間界(マナ)をかばってパパから勘当されてしもうた。マナたちと「友達」として交流したことが、レジーナの心にしっかり楔を打ち込んでたな。
クリスタルに魅入られていた(?)とはいえ、本来はいい子なんだな。
つか母親どんな人よ。



今回、ベールが野心を秘めていることがアリアリと分かってしまった。

130626002

最終的なラスボスはキングジコチューではなくて、のし上がったベールになったりして。ゴーヤーンみたいな感じで。
レジーナが勘当される場面でも、擁護するように見せてパパを焚き付けてる……レジーナの揺れる気持ちは冒頭で見透かしていたようなので、最初から追い落とすつもりだったんだなぁ。
クモジコチューを使ってマナとレジーナを心理的にいたぶるのも、人の自己中を立証しようとするゲスいワルでいい感じ。




糸に捕まっている間の2人のやり取りがとてもヨカッタです(小並感)。

130626001

自分のマナへの想いを自覚して、自己犠牲を選ぶレジーナと、ともに助かる道を捜して決して諦めないくじけないマナと…。

130626004130626005

レジーナのデコとマナの鼻息の荒さが最高だったw



レジーナが力を取り戻した場面。青い光に包まれて「ドキドキが、高鳴る!」とか叫んだ瞬間に変身するかと思ってこっちがドキドキしたw
結局、いつもの姿でも「力が戻れば私は無敵よ」とクモジコチューを速攻撃退するし、レジーナはんに変身は必要なかったんや。



次週予告で、もうエース出てくるんだ!と驚く。
もう少し引っぱると思ったのにな…。

それよりマナとレジーナの同衾カットが!

130626007




六花さん、六花さん息してる?




砂に顔突っ込んでる場合じゃないぞwww

130626006




レジーナに対して、まこぴーは「マナが信じる友達だから」と割り切ったし、ありすは元々達観して人間が出来てるし、最後にレジーナと和解(?)するのは六花だろう。
ベリーとパッションみたいに、最終的に打ち解けていくような感じで。
それで1本エピソード頼みます。





……今度の日曜も朝から仕事なんだぜ(´;ω;`)ブワッ


関連記事
  • げんしけん二代目感想89話(ネタバレあり)

89話「フェスティバル・EVOL」



夏コミ用の作業がいっちょん進んどらんけん簡単に書くばい。



カラーページの一角にいたオギとスーに和んだw
しかし、本編には殆ど出てこない(´・ω・`)

130624006



冒頭、波戸のために同人誌を買いあさったことを吉武にツッコまれた矢島。
「嫌い」だとか徹底否定しつつも、波戸→斑目の想いに言及していく辺り素直というかカワイイというか。


そして吉武が、BLと女装を止めて「自分と闘ってる」と評した波戸だったけど、今回はちょっとイラっとしたなあ。
波戸のあの「条件」づけは、斑目の気持ち考えてない。勝手だなあと感じた。


女装は自分のハト×マダの妄想を具現化してしまう
  ↓
それどころかマダ×ハトの妄想まで捗って自分がヤバい
  ↓
男の娘になることと、BL好きを止めた
  ↓
でもディープにハマってたのはBLだけだ(14巻オマケ)
  ↓
今のままではコミフェスも楽しめない
  ↓
BL好きを解放するにはどうすればいいか
  ↓
BL好きのままだと斑目が好きになるから無理
  ↓
斑目先輩を完全に諦めるべし
  ↓
彼女持ちになってもらえばいいんじゃね
  ↓
アンジェラさん先輩を食っちゃってください



なんなんだろう…。
斑目は怒っていいんじゃないのかな。
こんなん屈辱だろ。

130624005

何より波戸は斑目に彼女持ちになって欲しいという、その真の理由は明かしてないし(明かせないけどw)
表向きに説明した理由では、“彼女が出来たら現視研のみんなで斑目で妄想する事もなくなる”なんて言ってたが、対象に彼女が居ようがBL妄想の対象にはなるだろう。
…荻上さんが斑目総受を妄想した際、攻め手の田中が大野さんとつき合っているのはカモフラージュだと設定してたの思い出した。



“BL好きのままだと斑目が好きになる”の部分を何とか自制できんものかな。
神永先輩のような深層心理が焚き付けてくるから無理かー。アレも自分なんだから。

これはもう、波戸が斑目に「好きになっちゃいそうで…」という内心を告白して、斑目から「ごめん春日部さんがいるから 波戸くんとはつき合えない(←違うってな感じでお断りされた方が、スッキリできて現実と妄想を乖離させてBLを楽しめるんじゃねーの?
ま、斑目さんは咲ちゃんみたいにキッパリ断ることは出来ないだろうな。
うやむやにキョドって余計に波戸を萌えあがらせるだけだろうw



波戸からの推薦を受けた当のアンジェラは、その場にスージーが居ないことを気にかける。
前回、赤面スーを見ているだけに、“焚き付けた上でくっつける”役割を担おうとしてるのか。
スーはやく現場に来て!

130624003

でもまだ、もう1人の台風の目である恵子が登場してないんだよねえ……。
嵐はまだまだこれから。
簡単に進むとは思えない。



何はともあれ、「斑目先輩と おつき合いしてくれませんか?」の後ろでフルネルソンに決められている斑目が少し可愛かった。



そしてクチ×マダ再びwww

130624002

87話でもそうだったけど、クッチーが波戸のことを気にかけ、どうすれば彼がオタクとして楽しめるように行動&説得したのには驚いた。

その方法に斑目を思いっきり巻き込んでるのには笑うが。


さらにクッチーの一言。
「よいではないデスカ」「いー加減 斑目ハーレム展開にも飽き飽きしてたトコですよ!!」
いーぞ いーぞ、もっと言ってやれ!

まー彼の場合は直後の「いっそDT捨てりゃいーのデスヨこの裏切り者!」に見られるように妬みなんだろうけどw


ハシラの「妄想☆暴走★」はアイドルマスターシンデレラガールズの喜多日菜子…らしい。
予告の「ゼツボー的にカッコイイぜ!!」は超速変形ジャイロゼッターの次回予告での決まり文句。主人公の轟駆流の決め台詞的なのもの…らしい。






アニメ「げんしけん二代目」の1話アフレコ風景のレポート漫画もあった!

130624004

収録場面のセリフからして、Aパートが56話、Bパートが57話みたいだけど、そんなにコンパクトにまとまるのか……結構駆け足な感じ?

その点は、1話を楽しみにしておこう。


(追記:アメゾ・ザ・ボイスを読んでみたら、アニメのテンポの速さに言及されていて、水島監督が一度脚本からカットしたセリフも復活させているとのこと。まとまり具合が楽しみ)


今度の土曜に秋葉原で行われる1話の先行試写に当選したので、ちょっといってくる!





関連記事
  • げんしけん14巻(二代目の伍)届いた

ようやくとらのあなから「げんしけん二代目の伍」(14巻)が届いた。
待ってたヨー!

130623005
オマケの4コマのスーが可愛かったので。

4コマはジョジョ1部ネタだけど、本編でも「ソウイウ君ハ ジョナサン・ジョースター!!」ってセリフがある。

思えばアニメで新たに斑目さんを演じる興津和幸さんは、アニメ版ジョナサンの声優さんだった。
正面に斑目を見据えてのこのセリフ。
スーは予言者か。

そこまで行くか分からんけど、アニメで是非見たいw



あと、カバーを取ったらスー(実現しなかった例のコスプレ)がいた!




あー、スーに関してはこのくらいにして。



今回の14巻は、とらのあなの特典カードがスージーだったので迷わず注文。
なんか懐かしい絵柄のペーパーも入っていた。コレの斑目怖いよ。

130623001
130623000



各話の感想は連載時に書いてるから、オマケの感想ばかりになるけれど。

(当ブログの各話感想はこちら)
80話「いい最終回だった(告白 II )」
81話「失恋ピエロの悶絶」
82話「クロスファイヤ」
83話「人生補完計画」
84話「RED(face)KING」
85話「ドッキリthreeの(マル秘)報告」


本編的には、またまた気になる所で次巻につづいた!
スーが何を秘めて波戸部屋にきたのかとか、コミック進行の人には気になるだろう。
実際みたら変な方にビックリするだろうけどw



13巻感想の時も書いたけれど、コミックの楽しみはオマケです。


この巻のオマケは色々とヨカッタ。

特に、告白の回の4コマ、どんな風になるのか期待してたけど、すごい切ねえ。
泣いていた咲が気持ちを整える。
2人で部室を出る。
ただそれだけ。

だがそこがいい(´;ω;`)

咲の後をついていく、その背中を見ながら出て行く斑目の胸中やいかに。
ギャグに振ることなく、こうした切ない描写で済ませたことや、その後の高坂絡みの4コマからして「Spotted Flower」につながるルートは無いということなのかな。


その高坂が4コマで……。

130623002

これはなかなかキツイwww
9巻の「それはない」といい、結構キッパリと言ってのける非情さw

この前の話で、咲斑ルートを力説する大野さんの背後に立つ高坂の表情も良かったというか怖い。



あと今回のオマケのヒロインは大野さんだとオモw

130623004

なんかもう残念かつカワイイ。
そして巻末オマケでは斑目、田中、久我山の3人の学園祭打ち上げの席上、話のネタにされている(別のネタにもされている)。

つーかまあ、田中もげろw



この3人の飲みがとても好きだ。

130623008

ツイートもしたけれど、14巻の表紙の斑目がとても切なげに見えるのは、咲への恋慕の終わりだけじゃなくて、斑目のようなタイプのオタクの時代が終っていくようなイメージを個人的に感じたから。

荻上さんの登場以降、現視研の様相は変わっているけれど、今では吉武のようなアッケラカンとしたオープンな腐女子が前面に出てきて、初期の斑目たちのようなアングラな匂いは薄まっているように感じたり。

1巻から14巻までの間に、絵柄がどんどん、陰の線が薄くなってスッキリとしたデジタルの描線になるのと同じように、現視研そのものの様子も明るくスッキリとしていったのねーとか思ったりする。
最初の頃の斑目なんて、とても現役メンバーの「BLネタ」にならねえよw


斑目たち自身も、会話の中に無意識にBLっぽさが出てハッとしたり、「もう俺たちの時代じゃない」なんて言葉が出てきたり。
まあ、それだけに斑目、田中、久我山の3人がのんびりと打ち上げで飲みつつオカズの話なんかする様子が、とてもとても愛おしいのだ。



そういえば、もう15巻の宣伝ペーパーが挟まってたけど、アニメDVD付き特装巻…だと!?
昔は、同人誌がついたりしたものだが、アニメつくのかーw

というか発売は12月。気の早い話だけど楽しみだ。





関連記事
130622003


12話「誕生!如月ジュリア」(1部最終回)

タケルは、ジャンドレ戦で無意識に放ったファイヤースープレックスを自分の技として会得したいと願い、レオンとなって闘った日々を振りかえる。ついでにラ・ドール、もとみも振り返る。
ジャードの世界制覇人員募集の広告を見て面接に参加した ひいな は、会場で元暴走族・如月ジュリアと出会う。ジュリアはジャードに採用され、新幹部候補となった。


何かあらすじを真面目に書いても真面目にならぬ。今回は総集編みたいなものだったな。


関連記事
  • 革命機ヴァルヴレイヴ11話感想

11話「軍事法廷第54号」


ショーコ「大丈夫、月にいったらみんな上手くいく」
思いっきり折られるためのフラグだろ。

13062100

関連記事
体調悪かったけど徐々に回復中。
寝てばかりもいられない。
コミケ(c84)に向けての準備をしなければ……



新刊として斑目視点のゲームブックを作成予定。
斑目になってコミフェスに一般参加してビッグサイトを歩き回るというもの。
HPを設けて途中で力つきる可能性もありw
現在チャート作成中。


あとは7月に始まるアニメの「げんしけん二代目」やアフタヌーンの展開によってラクガキレベルの絵だけどコピー本つくりたい。



そのため7月下旬まではブログは更新滞るかもデス。

この夏全力で楽しみたい。
保ってくれよこの体w


関連記事