俺之脳髄(オレズイ)

俺の脳内はいつもこんなモノで満たされてます的ブログ。げんしけん、プリキュア、プロレスなど雑食気味デス。

プロフィール

先刻

Author:先刻
過去にとらわれ万事後ろ向き
新しいネタに弱い情弱野郎ですが
周回遅れでぬるーくオタクしてます
お気に入りは「げんしけん」。 二次創作にまで手を染めてしまい、その因果で順調に人生が狂っています。
そのほか、昭和特撮、007、プロレス、アニメ、ダメ映画、スバル車あたりが先刻を構成する主成分です。

つぶやき!

こんげつ!

03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

シンプルアーカイブ

.


灼熱スイッチ fragments(高森奈津美、大橋歩夕、立野香菜子、牧野由依、藤田咲) /「ここから、かなたから」 TVアニメ「放課後のプレアデス」エンディングテーマ TVアニメ『小林さんちのメイドラゴン』OP主題歌「青空のラプソディ」(アニメ盤) 「三者三葉」キャラクターソング Vol.1 西川葉子 & 薗部 篠 TVアニメ『ろんぐらいだぁす!』ED主題歌「ハッピーアイスクリーム!」 TVアニメ「あまんちゅ!」エンディングテーマ「ふたり少女」 Gospel Of The Throttle 狂奔REMIX ver. TVアニメ『響け!ユーフォニアム2』ED主題歌「ヴィヴァーチェ!」 「ステラのまほう」オリジナルサウンドトラック TVアニメ『小林さんちのメイドラゴン』ED主題歌「タイトル未定」 TVアニメ「 ガヴリールドロップアウト 」オープニングテーマ「 ガヴリールドロップキック 」 宝箱―TREASURE BOX―/プラチナジェット(TVアニメ『SHIROBAKO』新オープニング/エンディングテーマ)(通常盤)
亜人ちゃんは語りたい(4) (ヤングマガジンコミックス) リトルウィッチアカデミア (ヤングジャンプコミックス) Spotted Flower 2 幸腹グラフィティ 第1巻 [Blu-ray] ヤマノススメの山のススメ (NEKO MOOK) 桜Trick (5) (まんがタイムKRコミックス) SHIROBAKO ~上山高校アニメーション同好会~ (1) (電撃コミックスNEXT)

検索フォーム

スマホ版QRコード

QR
2013年の春アニメのちょっとずつ感想書いたり切ったり。
4話目。

見る時間が追っ付かなくなってきたので「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」は撮り溜め状態に突入。感想からは外すのであった。


関連記事
スポンサーサイト
  • ドキドキ!プリキュア13話感想

第13話「ついに発見!?王女様のてがかり!」


今回はありす回。
お話としては今ひとつだった。

ありすのライバル・五星れいなさんが姑息すぎて乗り切れないw



四葉財閥の会議を仕切ってるありす……そこまで任されてるのか。
疲れを見せるありすが、マナが来たと聞いて表情が明るくなるんだなあ…マナさんジゴロやで。

13042881



ローズレディコンテストの会場が「五星ローズガーデン」……ふいにキュアローズガーデンを思い出したり。
れいながありすにイヤミを言いにくる際「場違いなお猿さんが迷い込んだと思ったら」といってたが、タテロール髪型に舞踏会ドレスとか、場違いはあんさんやで…。

130428811.jpg



そしてれいな一味の嫌がらせがゲスいw

・ソシアルダンスでヒールにヒビを入れておく。
・作成中の絵画に絵の具を振りつける。
・音楽審査でピアノの中にネコを入れておく(!)

  ……起こすのカワイソウとか、そんな事いうとる場合かw
・テニス決勝中のありすの目線に光をあてる。
  ……どこのサッカーだよ!
・マナ、六花、まこぴーに泥水を被せる。

13042886



現役アイドルまで巻き込んでこんな嫌がらせするとは……あの硬派応援団に知られたらエライ事ですぜ((((;゜Д゜)))
マナと六花も、幼少時にキレて暴力で相手を屈服させたことがあるありすが、耐えられるのか恐れていた……まさに(怒りの導火線にいつ発火するのか)ドキドキプリキュアだったw



この度重なる意地悪にも平常心を貫き通し、仲間を信頼しているからこそ「不思議と腹が立ちません」と言ってのける。
マナ達と出会うまで友達が居なかったからこそ、幼少時に友達を侮辱されて激昂した。
今のありすは、友達との絆をしっかり育み、友達を信頼して成長していたのだなっと。

しかし、マナ達が泥水かけられた時は……さすがにキレてもいいのでは?と思ったけどなw

130428810.jpg



そんなありすも、ナイフを抜く時は抜くというのがイイ。
ロゼッタを守備型プリキュアだと侮ったモーラに対して、武闘派の技を見せる辺りはヨカッタ。実はドキプリチームで一番の素手ゴロ最強なのね。

13042883
13042884

しかもロゼッタリフレクション(強化バリア)を相手にぶつけるという荒技も披露w
マーモの「え、ちょっと話ちがくない?」に笑った。



マーモのビーストモード…ビオランテを連想してしまったオッサンは多いに違いない。

13042887
13042889



嫌がらせしまくったれいか様。まージコチュー化するのも仕方ないハートの黒さだったけど、本心では「友達がほしかった」とは…。
ありすと同じ財閥のお嬢様という似た境遇にあって、自分に従うばかりの取り巻きばかりのれいなと、マナたちとの絆をはぐくんできたありすが対照的だった。

解決後に改心して「お友達化」するのかと思ったけど、まったくそんな事は無かった……なんか哀れだ(´・ω・`)



一方ありすは、ラストにまこぴーから褒められる。
まこぴーは他の3人から一歩引いた位置にいる感じだけど、今回、ありすとの信頼関係を深めた感じだった。



コンテスト前にレジーナが4人の前に登場したが、あれじゃあ「言動が痛い女の子」としか思えないw

「わたし王女様のように綺麗だから来てあげたんだけど!」

アイタタタタタ…。
マナたちも目の前でバラを枯らした時点で尋常な相手じゃないと思うべきでしょう。

しかし、アイちゃんをカワイイと思えるというのは、キングジコチューの娘とはいえ心のどこかに善になれる部分があるんではないかと期待する。



そういえば、黄色いバラがアイちゃんによってラビーズ化したとき、青い鳥が見ていたけど、こやつは何者なのか。
謎の鳥類見るとピーちゃん=ノイズ様を思い出して不吉だわw



ロゼッタ怒りの素手ゴロ以外はイマイチだったが、4人のソシアルダンスの衣装はセクシーでした。おしまいw

13042882


関連記事
13042880

凄い期待する……完全新作で劇場版もだけど、アンツィオ戦をOVA化とか何て俺得な。
しゃべるアンチョビさんに期待!


コレが発表された瞬間の現場を超みたい!!
関連記事
13042799


4話「死闘!吸血ギャラッシー」

吸血ギャラッシーとの戦いに傷ついたタケルは、ユウとひいなの父・草柳研一に助けられる。草柳はタケルの父・剛藤薫の師であり、剛藤がソルジャーマスク開発を行っていたことを明かして、未完成のマスクは父から子へのメッセージであることをタケルに告げる。一方ジャードの基地に迷い込んだひいなは、囚われの剛藤薫と出会い、彼の陽動で基地から脱出することに成功するが、後をつけていたラ・ドールによって基地の記憶を消されてしまう。居合わせたタケルはひいなを助けるために再び吸血ギャラッシーとの戦いに挑む。

以上あらすじ。
あらすじはシリアスなのに…(´・ω・`)

関連記事
  • 革命機ヴァルヴレイヴ3話感想(春アニメ2013感想)

もう、他アニメと一緒に「一言」感想を書くことができない。
暴力的にネタ含有率が高いアニメ。
今回から別個に感想を…というか笑えた部分を書いてみる。


(→1話含む感想
(→2話含む感想


関連記事
  • げんしけん二代目感想87話(ネタバレあり)

第87話「何か来るぅ」



冒頭、アニメトークに花を咲かせる男3人に何か懐かしい匂いを感じた!
斑目、田中、笹原あたりがダベってる雰囲気に近い、俺の現視研が帰ってきた的な微笑ましい姿だった。

1304251

男オタが腐女子から現視研を奪還w
波戸が身を寄せた陣営が有利になる!
彼(彼女)はサークルのカギを握る男であり腐女子でもありw



「いやいや最終回楽しみすぎるのはまだあんぞ」
「『ガルクラ』ですな! 3話で総集編やった時はどーなるかと思いマシタガ!!」

これはガルパンのことだな……アレは5話で総集編だったけど。
つまり、“楽しみすぎる”最終回は翌年3月までおあずけになってしまうのか…(涙)
(※ガールフレンド(仮)=ガルフレのことかも知れん)


そして荻上さんが男ハトくんに「その男装(カッコ)は…!?」…だとwww



荻上さんの新兵器・液晶ペンタブレット。
20万くらいするんじゃなかったか。

1304252

結局デジタルに慣れるまでが大変らしく、修羅場になってたが……木尾センセもアナログ→デジタルに移行した際には苦しんだのだろうかと、荻チンの姿を見て連想してしまった。



今回ちょっち驚いたのが、クッチーの言葉。

1304253

「自分の好きだったモノを 自分の意志でやめるとゆー」
「それは どれほどつらい選択だったのでしょーかネ!」

彼がこういう風に人の気持ちを察するなんて、かつてあっただろうか?
また、波戸くんが女装を辞めたきっかけに斑目が関与しているということを、朽木は分かっているのか…。



「これでいいのかな〜 とは 思わんでもない」と言う斑目も、前々回で自分が児文研の窓から見られていたことに気付いたし、そのターゲットが自分と波戸であることまでは分かってたのかもしれない。前回ラストで女装を辞めたことを説明する波戸くんの傍らで、斑目さんは汗かいてうつむき気味だったし。

女装波戸くんの感情(おかしくなりそうなくらいドロドロっとした部分)までは気付いていないのかもしれないけど、上記のクッチーのセリフ直後の斑目の横顔のカットが意味深。波戸くんの決意に対するちょっと複雑な心境を表してるのか。



波戸自身も「やめたいのは 女装なのか BLなのか…」と迷いを見せているし、ひょっとして、近いうちに斑目から波戸に“ありのままでいい”というか“女装してもいい”という言葉が投げかけられるのではなかろうか?

そのイベントの発生条件は、おそらく来日したアンジェラの言動に端を発するのではないかと期待している。



クッチーも斑目も危惧する「あの方」が来日。
迎えにきたスージーはブローパイブ携行地対空ミサイルで迎撃(のポーズ)。

1304254

「アンタハ僕ノ 本当ノ家族ダ バシュー」

Fate/Zero(19話)の切嗣ネタキター……つかあのキツイ話をネタにするか。
アンジェラ乗ってる飛行機に向けてソレやったら完璧やったでw



スーの「歓迎してない感」は夏コミのように斑目にちょっかい出して場を乱すなという警告か。本人は否定しても春日部さんに「見透かされ」てたわけで……ちょっとだけそっち方面も期待したい。



アンジェラ「日本に来たって感じね!!」の前コマの溜めで、おっぱじめる感じがヒシヒシと……。
さらに恵子までコミフェス参戦とあって、この2者が激突するのか(・∀・ )wktk!!

1304255

そこに女装を控えた波戸くんと、自分では否定するスージーがどう絡むか。
スゲー楽しみ。



ハシラは「アイル・ビー・バック!!(I'll be back.)」
アーノルド・シュワルツェネッガーの決め台詞。
初出はターミネーターでの警察署襲撃直前のシーンだったはず。

予告の「胸のキュンキュン止まらないよ!」はドキドキ!プリキュア。
ドキプリ最高やで!



ちなみに、マジメなセリフを吐いたクッチーだけど…

「マサカ ボクチンのハーレムを奪う気じゃ……」
「……そもそも 無いものは奪えねーよな」

…の斑目さんとのやり取りは笑った。
そうだ、オマエはそれでいいw
なんか安心した。






関連記事
2013年の春アニメのちょっとずつ感想書いたり切ったり。
3話目。
面白いの多くて切れない…。


関連記事
  • ドキドキプリキュア12話感想

12話「マナの決意! あたし弟子をとります!」

六花さんの証言では「こういう事は初めてじゃない」らしい。
決意もなにも、前例あるんじゃん。
サブタイトルェ……。



今回はいい話だった。
マナに弟子入りした純君が、紆余曲折の末にマナの真似をするのではなく、自分に出来ることで人のために役立とうとする。
……いい話だった……。





…んだけど、今回はプリキュア変身後のバトルが楽し過ぎたw



ビーストモードでゾウさん化したイーラに、

13040211

まこぴ「あれは…ゾウ?」
六花 「ゾウね」
ありす「ゾウですわ」
まこぴ「か…かわいい…」

13040212



ダイヤ「つ、強い!…かわいいのに…」
イーラ「カワイイって言うな!」

13040213


カワイイ相手を前にしてつい顔が崩れるまこぴーやキュアダイヤモンドに激しく笑った。
顔だけ出してるイーラが正直カワイイ。




純君が黒プシュケ化したのは少し以外だった。
マナに色んな意味で敵わないことに気落ちはしていたけど、それは届かないことへの焦燥だし、出発点は人助けなんだから自己中心ではないと思うけどなあ。

なので「大きくなりたい…先輩よりも!」はちょっと強引だなと感じたり。



その他いろいろ。



マナの前に座ってるのはヤシマさんっていうのか。
カチューシャカワイイ。



「マナに憧れる子はたくさんいるから…実はこういうことは初めてじゃないの」
「白馬関係ないし」
「マナ男じゃないし」


…正妻の六花さん表情が曇りがちw

13040214



「…断らない、それがマナ…」とマジメに理解してるまこぴーも何だか可笑しい。



パンの購買が無秩序すぎるw
マナが介入して整理したりするのかと思ったら、みんなの注文にスムーズに応えるとは、どこの聖徳太子だよw



コラコラ問答またしてもwww



純くんにまでキュアラビーズを贈呈するジョー岡田。
彼に何か秘密があるのかと勘ぐってしまったが、何も無かったw
普通にお守りだったか。
でも、黒プシュケ化した彼の心が抵抗できたのは、ひょっとしたらラビーズの力もあったかも?



疲れを見せ始めた純くんの表情に気付いて語りかけるありすの心遣いが優しい。



ゾウさん登場でバトルがギャグ寄りかと思いきや、肉弾戦主体で、プリキュアお馴染みの「みんなで支える」をやってくれた!

13040216



その時の4人の表情が気合い入りまくってた。
可笑しいほどにwww

13040215

特にロゼッタ、武闘派の片鱗が顔に出てたなw



純くん……美少女4人に囲まれ&膝枕って恵まれ過ぎだろうw

13040217

彼が園芸を通じて自分なりのやり方を見いだしたのは素晴らしい。
花と園芸だったら花咲つぼみさんの弟子になるといいと思うよ!



先週の予告に出てた新敵キャラ(レジーナ)はラストでちょい見せだったか。
でも今回見応えあったので来週までガマンできるお!

13040218




昨日、今日と気落ちしてガックリな出来事があったので、今回の感想はテキトーデシタ……。

正直ジコチュー化するかと思うほど凹んだ。
どうせジコチューになるんならマーモさんに「なっちゃっていいのよ」って迫られたい(;´Д`)ハァハァ




関連記事
1304208


3話「潜入!ジャード秘密基地」

前回ラストで、変身が解けた後に体力が著しく消耗した様子をジャードの首領クレイガー・シンに見られてしまったタケル。強大なマスクの力に、体がついていけない……その弱点を突かれて新バイオレスラーによる消耗戦を挑まれる。一方、プロレス道場の もとみ の後をつけていた ひいな は、ジャードの秘密基地に潜入してしまう。

……という結構良さげなあらすじのはずだけど、中身は吞気とお約束の連続だったw


関連記事
  • 春アニメ2013感想とか2話(その2)

2013年の春アニメのちょっとずつ感想書いたり切ったり。

2話目の未見だった分の感想(→その1)。

放送開始が遅かったものもあるので、感想が遅くなってしまいがち。超電磁砲(うちの界隈は金曜夜)は放送を待ってられないので感想から外すことに。

関連記事