俺之脳髄(オレズイ)

俺の脳内はいつもこんなモノで満たされてます的ブログ。げんしけん、プリキュア、プロレスなど雑食気味デス。

プロフィール

先刻

Author:先刻
過去にとらわれ万事後ろ向き
新しいネタに弱い情弱野郎ですが
周回遅れでぬるーくオタクしてます
お気に入りは「げんしけん」。 二次創作にまで手を染めてしまい、その因果で順調に人生が狂っています。
そのほか、昭和特撮、007、プロレス、アニメ、ダメ映画、スバル車あたりが先刻を構成する主成分です。

つぶやき!

こんげつ!

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

シンプルアーカイブ

.


灼熱スイッチ fragments(高森奈津美、大橋歩夕、立野香菜子、牧野由依、藤田咲) /「ここから、かなたから」 TVアニメ「放課後のプレアデス」エンディングテーマ TVアニメ『小林さんちのメイドラゴン』OP主題歌「青空のラプソディ」(アニメ盤) 「三者三葉」キャラクターソング Vol.1 西川葉子 & 薗部 篠 TVアニメ『ろんぐらいだぁす!』ED主題歌「ハッピーアイスクリーム!」 TVアニメ「あまんちゅ!」エンディングテーマ「ふたり少女」 Gospel Of The Throttle 狂奔REMIX ver. TVアニメ『響け!ユーフォニアム2』ED主題歌「ヴィヴァーチェ!」 「ステラのまほう」オリジナルサウンドトラック TVアニメ『小林さんちのメイドラゴン』ED主題歌「タイトル未定」 TVアニメ「 ガヴリールドロップアウト 」オープニングテーマ「 ガヴリールドロップキック 」 宝箱―TREASURE BOX―/プラチナジェット(TVアニメ『SHIROBAKO』新オープニング/エンディングテーマ)(通常盤)
亜人ちゃんは語りたい(4) (ヤングマガジンコミックス) リトルウィッチアカデミア (ヤングジャンプコミックス) Spotted Flower 2 幸腹グラフィティ 第1巻 [Blu-ray] ヤマノススメの山のススメ (NEKO MOOK) 桜Trick (5) (まんがタイムKRコミックス) SHIROBAKO ~上山高校アニメーション同好会~ (1) (電撃コミックスNEXT)

検索フォーム

スマホ版QRコード

QR
  • ドキドキ!プリキュア9話感想ちょっとだけ

第9話「ハチャメチャ! アイちゃん学校にいく!!」



日曜なのに仕事だったのでサラリと。

1303314

今回のジコチュー出現……事の発端はアイちゃんじゃねーかwww

サッカー部と野球部との争いが、ジコチューになってもそのまま続いて戦い続けるとは…。
プリキュアがアイちゃんのパワーによってスピードアップし、それぞれの球技のプレーでジコチューを圧倒する。
アイちゃんプリプー並みの力の持ち主なのか。



今回のバトルもコミカルだった。
キメ台詞無視されてムクれてホイッスル吹くハートw

1303313


キュアソードが世間の常識に疎いくせに、巧みなバントでランニングホームランw
灰となるジコチュー…。

1303315

ただ、ウチのムスメたちは「何で走ってんの。あれで勝ったの?」と首をかしげてた。

サッカーのゴールは分かってたが(保育園でもボール蹴りっこあったし)、幼女は野球のルールなんて知らんならなあw




1303312

冒頭のテレデレな六花さんカワイイ。
通学中のマナと六花にアイちゃんを押し付けてタクシーで逃亡するジョー岡田にフイタ。タクシー使うのかよ、と。

六花といえば、今回のバトルでキュアダイヤモンドが「監督」として指揮を執ってたのは「知性キャラ」らしくてヨカッタ。
どっかの知性の青き泉の人は割と武闘派だったがw



1303316

今回はアイちゃんの子守り役となった妖精どもがカワイカッタ。
特にラケルは子守り中に玩具にされて耳を食われ、ラストでも食われてるしw




1303311

パンツァーフ(ry


関連記事
スポンサーサイト


劇場版魔法少女まどか☆マギカ 叛逆の物語 予告



「世界は新しい理へと導かれたはず……なのに…」…ううむ。
ちょっと見るのが怖い。

1303301

杏子の制服姿
新魔法少女?
ほむらの魔女化でまどかお迎えにクル?

1303302


…マミさんかませにだけはならないで(´;ω;`)



関連記事
11話「スタンド・バイ・ミー」

ようやく解決編!

1303270


関連記事
12話「あとには退けない戦いです!」


1303261



なんかもうね……言葉にならん完成度でしたワ。
30分アニメの最終回でこんなに燃えて泣いたのってあったかな?


前回以上に密度が濃かった。
もうあちこちの感想を読んだりしたので、敢えて自分とこで感想書く必要なんか無いような気もする。

だけど個人的に特に心に刻まれた場面などを記念のつもりで書き留める。



<1年生チーム>
1年生“うさぎさんチーム”の健闘が熱かった。
10話の決勝戦前夜に見ていた映画「戦略大作戦」そのままの作戦。
丸山ちゃんが初めて喋って敵撃破のヒントを!

ヤクトティーガーとのせめぎ合い。
「1年生なめんな!」「なめんな!」と言いながら発砲がカワイイ。

ついにはヤクトを隊長のとこに行かせないと道連れにしてしまう!
校内の模擬戦での「逃げよう逃げよう!」とか、聖グロリアーナ戦での逃亡以来、フラッグ車の楯になったりと成長していった1年ズが…(´;ω;`)ブワッ




<ポルシェタイガー>
今回一番泣けたのが、自動車部“レオポンチーム”のポルシェタイガー仁王立ち。
圧倒的な戦力不利の中、フラッグ車同士の一騎打ちに持ち込むための重要なコマとして、入口を塞いだポルシェタイガーが黒森峰戦車の集中砲火を浴びる。

ボロボロになりながら抵抗を続けて最後の砲撃(´;ω;`)ブワッ

この時、砲塔に描かれたレオポンマークに砲火が当たった瞬間、沈黙したのが象徴的で余計に泣けた…。

1303263




<一騎打ち>
砲塔の視点でスピード感いっぱいの攻防が凄かった。
最後の一手、聖グロリアーナ戦でのラストに試みた戦法を使って、ボロボロになりながらディーガーの後ろを取る……燃える。

最後の砲撃は、コマ送りで見てみると大洗のⅣ号の方がわずかに早い。華さんすげえ!



この一騎打ち、上手い具合にフラッグ車(まほ)と1対1に持ち込めたけれど……まほ車が追跡車列の後方に控えていたらどうするつもりだったのか?
むしろ姉妹対決だからこそ、まほが前に出てくると読んだか。
膠着状態に持ち込んでおけばエリカ車他がなだれ込んだはずだけど…そんなifは野暮だ。

勝敗が決する前、みほの頭の出し方が可愛かったw

1303262



<桃ちゃん>
勝ってからというもの河嶋ちゃんがラストまで泣きまくる。

目立たない場所でも泣きまくってるのが笑える。
優勝旗を掲げる場面でどこにいるのか分からなかったが、よく見たら小山の後ろで隠れるようにして泣いてるwww
大洗駅前での最後の「パンツァーフォー!」でもハンカチ持って泣いてるw

1303264




他にも、マウス攻略の奇策とか
マウスの上に乗った89式が可愛かったりとか
バレー部「気合いで押せ!」とか
好敵手たちの祝福とか
母の拍手とか
優花理のお父さんカメラ持ってるなら立って前いけとかw
冷泉「おおおおおおおおおお(喜」とか
あれだけの被害を徹夜で修理する自動車部とか
大洗凱旋パレードとか


なんかもう密度濃くて何度も見てしまうよ。


正直、2期とか続きが将来作られるとしても、1期が大きなハードル作っちゃったんじゃないかと思うほど……勿論、期待もしちゃうけど。

むしろ純粋な続きというよりも、12話分では描き足りない部分を補完するような物語が作られたら楽しいねえ。
水着買ったり、キャンプしたり…じゃないですよ。

……アンツィオ……(ボソッ







関連記事
  • げんしけん二代目感想86話(ネタバレあり)

第86話「デイドリームマッチ」



1303256



波戸ちゃんのアパートを訪れたスーの目的は、波戸の描き溜めた斑目総受けイラストを閲覧し、本当に波戸×斑目でカプになれと要求…。



スーの行動:ハト×マダ推し(基本的には)

先月予想していたとはいえ、スー斑者としては気分は複雑w




ただし、完璧に脈がないワケではないらしい。

「先輩のホッペにチューしたって話じゃない」(←問いただす波戸の顔もカワイイ)で『ボウッ』と赤面爆発。
「……先輩の事 好き……なの?」で『ぶん ぶん ぶん』の全力否定。



「……アレハマダラメヲ動カスタメ」
「デモ ソレヲ 咲ニ見ラレタカラ……」
「ダカラ ハトマダ!!」


この辺りの赤面っぷりや否定っぷりや言い訳の苦しさが“意識してる”感ありなんですなあ。


俺キメえwww


それを見た波戸曰く「……まぁ 何であれ春日部先輩には 見透かされる気がするのはわかる……」と。ハトがすぐに女装を見抜かれたように、スーのキスも春日部さんの眼力の前では取り繕っても無駄よってことか。




一方、波戸は、斑目に対する気持ちについて、妄想と現実との区切りをしっかり保とうとする。

……が、そこに出てくる神永の姿をした810ちゃんに驚いたのをきっかけに(まるで斑目のように)隠し持っていたマダ×ハト(女装)絵の存在が明らかになる。



「決してやっちゃいけない」と語っていた思いに反して、自分をコントロールできず“女装している書き手本人が責められる絵”を描くというのは生々しいサガだのう。

波戸くんが女装とBL趣味を封印できたのは、スーに絵を見られることで苦しい胸中を吐露できたからか。



p43での「個人のセクシャリティをむりやりかえるだなんて 決してやっちゃいけない」の後のセリフ「そうでしょ?」に被せてモノローグの「そうだよ……」が入るのは、自分に言い聞かせようとしてるのね。

次のページですぐ神永版810ちゃんの「そうなの?」が入って動揺するが、揺れる心中の表れのように感じた。



後でスーに対して、

「その絵をキミが見たのは」
「たぶん僕が心の底では見てほしいと思ったから」
「きっと自分を止めてほしかったんだ」


…と語ってる場面は、最初は違和感があったけれど、神永版810ちゃんも結局は彼自身の深層の心理。
それによって生じた絵バレのきっかけも、自分の心の現れであると肯定できたのかもしれない。



だけど、今後どこかできっと810ちゃんが現れて迷ったり、女装しなければならない局面があったり、斑目にグラッとくる場面が出てきたりするんだろうな……。



しっかし、スー対ハトの格闘シーンって……スーさんがなんだかつおい件は笑えるがファンタジーすぎる。
「待ッテテアゲル」「立チナサイ」の元ネタがわからん。
(※「エアマスター」14巻における皆口由紀のセリフとのご指摘をいただきました。感謝です!)


スーの攻撃に体が反応して反射的に足を払うハト怖いw

1303255

そしてまさかのスー×ハトw
うなじチューはもう少しエッチく描いてほしかった(;´Д`)ハァハァ



女装波戸ちゃんが見られなくなるのはちょっと寂しいが、男オタになった波戸くんに矢島が意識しまくって新しい展開が……これは期待したい。

1303251


これで斑目モテ期の争奪戦からスーと波戸がひとまず脱落……とは思えないなあやっぱり。



竹谷実可子さんが居なくなるのか…何も知らない播磨が可哀想でもある。



そういえばクッチー久々に部室に登場したな。
ラスト1コマだけど…。



ハシラの「笑えばいいと思うよ。」は説明不要か。
予告文の「闇でしか裁けない罪がある」は兵部京介らしい。




関連記事
  • ドキドキ!プリキュア 8話感想

8話「きゅぴらっぱ~!ふしぎ赤ちゃん誕生!!」


1303241

カワイイ回だったー(´∀` )
アイちゃんもだけど、プリキュア4人がもうね!


お忍びまこぴーのデレる瞬間w
アイちゃんにほわ〜とする辺りはカワエエ。

1303243

アイちゃんとまこぴーが見つめ合う場面。
ほわ〜の前フリだけど、ひょっとしてアイちゃん=王女の転生とか…?



六花はツッコミ役だけど、他のみんなが謎タマゴにボケまくったり(素だが)、謎生物アイちゃんに萌えたりするの一方でカワイソウなくらいに常識人w
「ああああ…ツッコミ所が多過ぎて、どこからツッコんでいいかわからない!」
「そんないい加減な…!」

この調子の展開が続くと、胃に穴が…w


1303245

マナの恐るべき能力が明らかになった。
歌唱力がジャイアン並み…w
逃げる六花&ありすにワラッタ。


ちなみにアイちゃんをお世話するマナを見ていたツレ。
「またお世話人形を売るのね。まるでシフォンねコレ」



真琴のマネージメントを行い、車を運転するダビィ…。
しかも他3人に打ち溶けきれない真琴を察するとか。
高スペック妖精あらわるwww

1303247

他の幼い3匹との落差が凄いなあ。
ひょっとして、シャルル(♀)、ラケル(♂)、ランス(♂)も変身できるのかな?



変身後の戦闘……というか睡魔と戦う場面はオモシロい上にカワイイ。
互いに眠気をはらう姿がw
これから1年、こんな風に硬派軟派織り交ぜた戦いを見せてくれるかと思うと嬉しいw

1303242
1303244



マーモ姐さんお美しい。

1303246

羊ジコチューでグッスリ眠って吹き出物解決→スッキリして帰って行く。
これぞ自己中心ジコチューの鑑ですなw



関連記事
SUBARUとGAINAXのコラボアニメ「放課後のプレアデス」が劇場版で帰ってくるとの話がッ!

本編見た時の感想


130321
https://twitter.com/sbr_gx/status/314597307758825472


youtube配信でアニメが公開されたのは2011年2月。
東日本大震災も経て、2年が経過。
もう続編とか望むべくも無いかと思ってたら………これは嬉しい。


最近、スバルの業績が好調なので、攻めの販促に出たのか!?


1303210


どのくらいの長さで、どんな上映形態で実現するのだろう。
エヴァQ同時上映の「巨神兵東京に現わる」みたいな扱いだったりして。
いずれにしても期待したい。


で、テンション上がって思わずTシャツ買ってしまったw
届いたらUPする&夏コミに着ていく(そのくらいしか着る機会がないか……)




関連記事
11話見た。
さすが3か月の間隔が空いているだけあって(?)面白かったー。

1303201

圧倒的不利な戦力差を、奇策や後方かく乱で覆していく大洗勢の戦い。
市街戦に持ち込もうとする中、脱落しかかった1年ズを見捨てない決断。
この“見捨てなかった”ことが戦いに大きな意味を与えることを期待せずにはいられない。



この生徒会チームの後方かく乱にやられた黒森峰の戦車で、2度もやられた戦車の車長がカワイカッタw
「あーーーっ!」「うちの履帯重いんだぞ−!」と叫ぶ姿が萌えたw



1303203

でも超重戦車マウス登場のシーンでは、相手の陽動にまんまと引っかかりすぎのような……プラウダ戦を思い出せと。

今回マウスを見た秋山ちゃんの表情が一番の名シーンと思ったり。
驚きと絶望感と一緒に、レア物を見る事が出来た喜びがないまぜになってて、オタクの業を見たわw

1303202

あとダージリンさんのイントネーション、「超重戦車」でなく「超獣戦車」と聞こえる。
確かにバケモノですが。



このバケモノ戦車相手に2台沈められ残り5台。
マウスにかまっているうちに黒森峰本体がきちゃうし。
次回の最終回で決着つくのか、物語としてのエピローグが描けるのか怖いくらい。



何より続きを早くみたい……と思ってたら、某所から23日に水戸で行われる全話オールナイト上映のお誘いをいただいた!
…のだけれど、その日は親戚との用事があり、泣く泣く辞退……悔しい、血涙がとまらない!


今はただ、粛々と月曜日を待つ!


関連記事
10話「だけどあなたはいない」

1303190

ちょっと気まずいカツ丼森谷さんはカワイカッタw


何か普通のサスペンスものっぽくなったなあと違和感を感じていたら……エロスがなかったんや!
次回予告でも真鍋ガックリきてるし……エロス欠乏症か……。

関連記事
  • ドキドキ!プリキュア 7話

7話「ギリギリの戦い!さらば、プリキュア!!」

1303181
※拾いもの画像



面白かったワー。
さらば、というサブタイとは裏腹に「本当の戦いはこれからだ」を告げる話だったと思った。


戦いの本当の理由を知らないマナたちと、彼女らを巻き込みたくなかったソードがやがてチームとなって、初めて「響け愛の鼓動!ドキドキプリキュア!」と名乗りを行う。その流れが良かった。



トランプ王国滅亡(?)の経緯や、ソード(真琴)が何故アイドルになって歌い続けるのかが明らかになり、マナ、六花、ありすが使命感と決意を共有する。さらに「自分を放っておいて逃げて」と言う真琴をあくまで助けようとするマナたちの「ぶれない心」は、真琴が彼女たちを認めて信じるきっかけになっていく。

魔法の鏡が目の前で割られて真琴が絶望しつつあったのに、気丈に逆転を疑わないマナの強いハート(あの高笑いはスゲーわw)。その姿に真琴自身も「決してあきらめない」とダビィに告げる。
そしてついに、一つのチームとして戦う。



二度と元の世界に戻れないかもしれないという試練を経て、チームとして絆を結んだ4人。
一方で4匹の妖精も「自分たちのパートナーならどうするか?」を考えて宮殿へと向かう……ここにもチームとしてパートナーを信じる姿があって、4人+4匹の結束が現れていると思った。



ベールさん、彼女らを異世界に置き去りにしようとした企みは良かったけれど、それによってプリキュアが結束して強力になってしもうたな……。



今回、マナがすごかったわw
真琴を励まし助けようとする場面だけでなく、キングジコチューに直感で危険を感じ取る場面や、ベールの能力を見透かした上での、とにかく凄い自信にあふれた高笑いなど、ヒーロー(ヒロインではないw)の素質を見せつけてくれた。

1303182



ソードの回想での豊かな表情もぐっとキタ。
照れたり焦ったり絶望感だったり。

13031831303185
13031841303186



そしてトランプ王国の王女。
有事には自らも鎧をまとって前線で戦うとか、過去シリーズにないアクティブな王女様でありました。
凛々しく艶やかだし惚れそうだw

13031871303188



ちなみにベールとマーモ姐さん(回想)が仕掛けられたシャンデリア攻撃は危ないなあ。
見てて妙に怖かった…妖精ども容赦ねえw



次回は今後の鍵になるだろう シフォン 赤ちゃんが出てくる。
ドキプリチーム誕生編が終了して新章突入という感じか。

初見時の“慣れるかどうか”どころかますますハマってきたぞ。




そういえばジョー岡田さん、今なにしてるん?
鏡がベールに割られた時、「これはジョー岡田さっそう登場か?」と一瞬思ったけど、その予想はマナさんの高笑いに速攻消されたwww

関連記事