俺之脳髄(オレズイ)

俺の脳内はいつもこんなモノで満たされてます的ブログ。げんしけん、プリキュア、プロレスなど雑食気味デス。

プロフィール

先刻

Author:先刻
過去にとらわれ万事後ろ向き
新しいネタに弱い情弱野郎ですが
周回遅れでぬるーくオタクしてます
お気に入りは「げんしけん」。 二次創作にまで手を染めてしまい、その因果で順調に人生が狂っています。
そのほか、昭和特撮、007、プロレス、アニメ、ダメ映画、スバル車あたりが先刻を構成する主成分です。

つぶやき!

こんげつ!

11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

シンプルアーカイブ

.


灼熱スイッチ fragments(高森奈津美、大橋歩夕、立野香菜子、牧野由依、藤田咲) /「ここから、かなたから」 TVアニメ「放課後のプレアデス」エンディングテーマ TVアニメ『小林さんちのメイドラゴン』OP主題歌「青空のラプソディ」(アニメ盤) 「三者三葉」キャラクターソング Vol.1 西川葉子 & 薗部 篠 TVアニメ『ろんぐらいだぁす!』ED主題歌「ハッピーアイスクリーム!」 TVアニメ「あまんちゅ!」エンディングテーマ「ふたり少女」 Gospel Of The Throttle 狂奔REMIX ver. TVアニメ『響け!ユーフォニアム2』ED主題歌「ヴィヴァーチェ!」 「ステラのまほう」オリジナルサウンドトラック TVアニメ『小林さんちのメイドラゴン』ED主題歌「タイトル未定」 TVアニメ「 ガヴリールドロップアウト 」オープニングテーマ「 ガヴリールドロップキック 」 宝箱―TREASURE BOX―/プラチナジェット(TVアニメ『SHIROBAKO』新オープニング/エンディングテーマ)(通常盤)
亜人ちゃんは語りたい(4) (ヤングマガジンコミックス) リトルウィッチアカデミア (ヤングジャンプコミックス) Spotted Flower 2 幸腹グラフィティ 第1巻 [Blu-ray] ヤマノススメの山のススメ (NEKO MOOK) 桜Trick (5) (まんがタイムKRコミックス) SHIROBAKO ~上山高校アニメーション同好会~ (1) (電撃コミックスNEXT)

検索フォーム

スマホ版QRコード

QR
昨日、コミックマーケット81にサークル参加してきました。
日常を離れて、どっぷりとコミケの世界に浸るのは楽しいデス。
どこを向いても何かあるw

1112312

関連記事
スポンサーサイト
  • げんしけん11巻(二代目の弐)

クリスマスボケで更新サボってた。
別にリア充なんかじゃなく、家事に追われていただけという…。

げんしけん11巻。22日に購入。
ただし通常版。
自分はアフタヌーン2月号の波戸ちゃんフィギュアで十分かなぁ。

で、11巻。コミケ直前なんで詳しく書けないけど、オモシロかったデス。
何がって、カバー裏含むオマケ部分のスージー縦横無尽にお腹いっぱい。
1112272


カバー裏(ポニョ、ほむら)に噴き
「ヤッパリ大キイ方ガ…イイノ?」に萌えて
次のページでやっぱり噴き
「てれてれ」と前髪分けに萌えて
足踏みパーン(Aちゃんねる:トオルがユー子の乳を攻めるネタ)に笑い
久々の「ココカ」にセリフ芸の先輩の格を見て
スッピーに困惑し(AAが元ネタってwwwしかもホーキさん…)
最後のオマケに拍手したりしなかったり。


強いスーさん、斑目を守るスーさん。
確かに連載時(67話)にサーヴァントと命呪は連想したなぁー。

スー×斑者として11巻で一番萌えた箇所が最後の最後、荻上のセリフだったりする。
「……て事は」「……斑目さんがマスターなのかな」
おおおおおおおおおお(w

それにしても、スーは本当に表情が豊かになったなぁ…。
彼女は日本的なオタで、留学は亡命のようなモノだと見てて感じるので、大好きなオギチンのそばでオタ生活を満喫し、幸せなんだろうなと思う。
無愛想無表情も魅力的だったけど、コレはコレでイイと感じた11巻でした。


あー、本編のこと書いてないや。
まぁいいか。今んとこはスーさえ眺めていられればw

関連記事
  • げんしけん二代目71話(バレあり注意)

昨日は「げんしけん」11巻を、今日はアフタヌーン2月号を買ってキタ。
今回はアフタ本誌のげんしけん二代目感想。

フィギュアよく出来てるのう。
これで本誌750円は安いじゃろう。

111223


で、本編。

学祭に向けてのやりとりは、波戸の女装と絵柄の分析、やっぱコスプレしかない大野さん、スー発案よもやの荻上波戸合作、結束強める矢島吉武組。
メバエタメ学園祭特別号に向けて、各々の思惑がアレヤコレヤする展開好きだw

ただ後半、ハトマダ展開に向かうまでの波戸君と810ちゃんの独り舞台は個人的にはにゃー……。オモシロイけど少し押さえ気味に頼むわ、というか、薄い本に任せておきなよと思うとこもあり。


自分はスー×斑好きだけど「まーありえないけど期待したいモノ」として、作中の「匂い」を感じ取って喜ぶワケなんですが、波戸君は(810ちゃんを含めて)匂わせるものが濃いというかトビ過ぎというか…うまく説明できんのですけど。
波戸君好きだけど、二面性絵柄、810ちゃん、そして今回触れた「あの人」とか、盛り過ぎじゃねw


そういえば、斑目が部屋に入ってこうようかとした時、ちょうどパンツ履こうとしてたトコだったのね(次ページでちゃんと足入れて→上げる動きになっててワロタ)。そりゃ焦るわ。


斑目の仕事に暗雲がw
くじアンのおまけ漫画での一幕に合わせてくるのか期待。

スージーの「ピッコーン!!」は正直分かんなかったけど、ググってみると元ネタは「らーめん才遊記」らしい……って、スーの引き出しの広さと深さが怖いw
今回髪型オサレだったなー。

あとタイトル部分のテッケンクラート会長コスはスーなのね。乳ないし。
そしてあのコスのデカイ袖(?)はナックルガードだったのか!?
知らんかった。


にしても、最大級のハトマダ展開直前で年越しとか、何という生殺しwww





関連記事
  • スージーのセリフとか元ネタとか(70話)

前回のセリフチェック以来、68話、69話でスーの出番なし。
今回久々の登場でしたな。前半はプリンセス・オブ・ザ・クリスタルのコスプレだったけれど背景扱いで、生存戦略云々言い出すだろうと期待したけどセリフなしでした。
セリフが出てくるのは後半から。



192. --------!
193. ----------------!!

 悩める荻上に(疲れてるならひざまくら:荻上訳)と誘ったところ、ホントにひざまくらをすることになって驚く場面での感嘆符。「声」ではないけれどフキダシ内で表現されているのでカウント。

194. ……恥ズカシイ寝言ヲ言ッタ
195. オシオキ
 元ネタは一迅社「コミック百合姫S」2010年11月号表紙の「ゆるゆり」表紙絵のコピー。
 ↓ コレらしい。
111221

196. シク… シク シク
 擬音とすべきかもだけど一応カウント。ジェラシーというか何というか、スーはオギチン好きすぎるだろw

197. …ジャ交替
 泣くスーを慰める荻上に、ひざまくら交替を要求。アパートの外観にかかる書き文字のセリフ。ちょっとスネながらつぶやく様子を見たかった。



この回の感想でも書いたけれど、後半の3ページのスージーは天使。すごく驚いたり、柔らかい笑顔を見せたりでお腹いっぱいでありました。






関連記事
  • クラブワールドカップ見ながらキャプ翼談義

ちょっと前の話ですが、先週はCWC(クラブワールドカップ)の試合が日テレで中継されてましたけど、我が家でも毎度観戦してました。

コドモから「今日もサッカー?」と嫌がられつつ、主に柏レイソルを応援しつつ見てました。
サッカーは日本代表戦くらいしか見ないヨメも、何だかんだ言いながら観戦。レイソルが苦戦しながらもPKで勝ったモンテレイ(メキシコ)戦はピンチになる度に悲鳴をあげながら盛り上がってみてました。

んで、CWCの主役とも言えるFCバルセロナ(スペイン)とレイソルを破ったサントス(ブラジル)の決勝の際は(バルサの準決勝は未見)、バルセロナについてヨメに分かりやすく一言で説明した。

曰く「翼くんが入団した世界最強クラブチーム」

現実のバルサが入団セレモニーを行ったことや、レアル・マドリードが「なぜウチに“入団させなかったのか」と声明を発表したというエピソードを伝えるとヨメ大ウケ。
こっちは、リアルタイムでそれほどキャプ翼に熱中してはいなかったのでうろ覚えだったが、ヨメは男兄弟と一緒にマンガやアニメを見ていたので「ランバ・ラルって渋いよね」と呟いたり、メガロマンが分かる(!!)女であるwww


先刻「北海道のは…松山だっけ?」
ヨメ「そうそう!」
先刻「心臓弱い奴いたよな。今思うと有り得ねーw名前何だっけ?」
ヨメ「…三杉淳様だよ!」
先刻「…さま…?」
ヨメ「淳様に無礼だよ先刻。お前は語尾にタイタイつけてろ
先刻「ちょ…それ次藤www九州もんバカにすんなw」


何か変なスイッチを押したらしい。
そんなアホな会話をしながらも、ヨメにとっては「クラブチームの戦いも面白い」という収穫があったらしい。
元気になったら一緒にスタジアムに行こうか。
関連記事
冬コミ用の新刊を入稿しました。
身の丈に合った少部数ですが。

1112171

げんしけん×ウルトラでパロ。しかも成人向け。
ぜんぜん成人向け同人の匂いがしないこの表紙w

出したいネタを考えるうち、便宜上成人向けになったようなモノなので、こんなことに。


11121721112175

個人的に満足してるけど、サークルカットには「スー×斑を中心に」と明記しているので、もっとスー×斑なブツを投入したい(上の本もスー斑要素濃いけど)。

もう一冊コピ本だけど、スージーと斑目がひたすらいちゃいちゃする本を描くのだ(全年齢向けで)。



関連記事
  • figmaのストレス買い、でもケチ臭くw

またしてもストレス買い…といっても安いのをチビチビと。
まさに安物買いのゼニ失い。
前回(まどかとオーディン)に続いてfigmaのドラゴンナイト(龍騎)。

111214

龍騎それほど好きではないけど、前に買ったオーディンの出来が良かったのと、来年の干支が辰年なんでw
これ使って新年用の写真を撮りたいなっと。

ちなみに今年の新年写真(↓

1101011


関連記事
コミケのカタログ買うの忘れてた。
まあ今回は早めに気付いた方なのでヨカタ。

新刊はまもなく入稿。
プラスコピ本1冊つくるデス。

もちスー×斑で!






関連記事
先週のJリーグ最終節、ダイジェスト番組も試合も、録画失敗で見れなかった…。
エルゴラッソ読むと、またしても涙腺を刺激する出来事があったそうで、ぜひ見たかった。



仙台の最終節の相手は何と神戸。奇しき縁というか…。
神戸サポは仙台へのエールとして、復興への願いがこもった応援歌「神戸讃歌」を歌ったという。

「ともに傷つき ともに立ち上がり これからもずっと 歩んでゆこう」(この歌の成り立ちを知った時は泣かされた。これが仙台で歌われたというシチュにまた泣くわw)

どちらも好きなチームなんで、ともにシングル順位で終わって良かった。
仙台4位は凄い。被災地をプレーで励ましてきた結果と思う。



一方、J2最終節で熊本は来年J1に上がる鳥栖と対戦。
2対2の引き分けの後、熊本サポが鳥栖の昇格を祝って横断幕を掲げたという。

「サガン鳥栖を愛する全ての人へ 堅忍不屈の努力に敬意を表します」(その後ちゃっかり「追いつき追い越すまでJ1にいてね(はあと」と続くw)

このエールは地元新聞や佐賀知事、鳥栖市長のブログでも取り上げられた。



復興や、新しいステージに向かうライバルに温かいエールと感謝を交わし合う。こういうサポートの文化って貴重だと思う。

またJリーグは地域の特徴や歴史が反映したりして、全体を俯瞰して見ていると物凄く面白い。優勝チームが偏らない混線の楽しさもある。
個人的に最近は、海外サッカー見るより断然楽しいのだ。

来年も熊本を応援しつつ「日本のリーグ」を応援したいと思った。


関連記事
コンビニでスポーツ報知特別編集の「仮面ライダー40周年特別号」を発見。さっそく買ってキタ。

1112071

1号(藤岡弘、)、2号(佐々木剛)、V3(宮内洋)の対談が6ページも。さらにライダーではなく脇役の滝和也(千葉治郎)までインタビューされているのに驚き(ライスピがあるので新しいファンでも認知度は高いか?)。

関連記事